「バツグン」や「バトルガレッガ」など買取|ゲーム買取実績

「バツグン」や「バトルガレッガ」など買取|ゲーム買取実績

神奈川県のお客様から、セガサターンソフト「バツグン」や「バトルガレッガ」、ゲームボーイソフト「悪魔城すぺしゃる【ぼくドラキュラくん】」など、合わせて235点のゲームソフトを、総額16,674円で買取しました!ありがとうございます!

買取したゲームソフトをご紹介

買取したゲームソフトの中でも評価の高いゲームソフトを一部ご紹介します。

【セガサターン】バツグン

「バツグン」は、1996年8月30日にバンプレストより発売されたシューティングゲームです。

元々東亜プラン製作のアーケードとして稼働していたものの、セガサターンへの移植版になります。東亜プランの元社員が設立したガゼルが開発を担当していることもあり、移植度は非常に高いです。

セガサターン版では通常の「アーケードモード」に加えて、難易度やシステムを調整した「スペシャルモード」やアレンジBGMも収録。

本作はド派手な演出が特徴的で、自機の攻撃が画面のほぼ全てを覆い尽くすほどの豪快さです。

タイトル通り、グラフィック・難易度・BGM・爽快感などどれをとっても「抜群」なシューティングゲームだと人気になりました。

本作は「究極タイガー」や「TATSUJIN」など伝説的なシューティングゲームを世に送り出してきた東亜プラン最後のシューティングゲームであることに加え、移植されたのはセガサターン版のみで販売数が少ないということもあり、プレミアソフトとなっています。

【セガサターン】バトルガレッガ

「バトルガレッガ」はライジングが開発し、1996年2月にアーケードゲームとしてエイティングによって発売された縦スクロールシューティングゲームです。セガサターンには1998年2月に移植されました。

家庭用向けに豊富なモードや設定が搭載されており、中でも画面設定はバリエーションも多くとても評価が高い要因の一つです。

主人公であるウェイン兄弟は航空機に関しては天才的な才能を持っており、ウェイン兄弟が設計及び開発した機体やエンジンは高い性能を誇っています。きっとライト兄弟が基になっていますね!

【ゲームボーイ】悪魔城スペシャル「ぼくドラキュラくん」

ファミコンで発売されたものと同じタイトルとなっていますが、ゲームボーイ版はその続編という形になっています。

この手の続編でよくあるツッコミが「前作で使えた技がなぜリセットされるんだ」というものですが、本作ではステージをクリアすることで思い出すという設定になっています。なかなか秀逸な形で解決しているなと思いました。

ゴシックホラーであるドラキュラシリーズをパロディウスのように可愛く可笑しくアレンジしており、ドラキュラくんもとてもかわいいです。