セガサターンソフト「戦国ブレード」、「紫炎龍」、メガドライブソフト「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」などのゲームを買取!

セガサターンソフト「戦国ブレード」、「紫炎龍」、メガドライブソフト「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」などのゲームを買取!

買取点数:40点

買取金額:29,350円

査定士のコメント

 福岡県のお客様から買い取りさせていただきました。買い取りさせていただいた商品の一部をご紹介します!

 

 セガサターンのソフト「戦国ブレード」、「紫炎龍」、メガドライブのソフト「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」などのゲームを買い取りさせていただきました。ありがとうございます。

戦国ブレード

セガサターンソフト/戦国ブレード

 「戦国ブレード」は、1996年11月16日にアトラスより発売されたシューティングゲームです。

「戦国エース」の続編にあたり、発売と同年に彩京よりリリースされたアーケード版のアレンジ移植作品になります。

 ゲーム内容は、布津姫の放った飛蒼石に導かれた5人の勇者が、究極の生命体創造を阻止するべく立ち上がるという和風のシューティングゲームです。

 前作の世界観やキャラクターは引き継がれているものの、縦スクロールから横スクロールシューティングとなり、自機も航空機からキャラクター本人へと変更されています。

溜め撃ちショットや緊急回避のためのボムなど縦スクロールでみられる要素が取り入れらています。横スクロールであっても、彩京名物の高速弾も健在です!

 ステージは全7ステージあり、ステージ1~3は4パターンのうちランダムで選ばれます。一つ一つのステージが短めで、テンポ良く進めることが可能です。

 このセガサターン版には、本編の他におまけディスクとして「戦国瓦版」がついています。

戦国瓦版では、イラストコンテストの作品、設定資料集、彩京シューティング図鑑が閲覧可能で、ファンには嬉しい内容が盛りだくさんですね!登場キャラクターアインの「ときめきアイン占い」もプレイ可能となっています!

 またセガサターン版には、「ガンバード」の人気キャラクター「マリオン」も登場しています。

 移植されたのは、このセガサターン版のみで入手困難であることから価値のあるソフトとなっています!

 こちらはケースに割れがみられましたが、2,800円で買い取りさせていただきました!

紫炎龍

セガサターンソフト/紫炎龍

 「紫炎龍」は1997年6月27日に童より発売された縦スクロールシューティングゲームです。発売同年の2月にアーケード版でリリースされたものの移植作品になります。

 ストーリーは、惑星を見つけたキャラバンが先住民からの攻撃を受け、戦闘機「バーンドラグーン」を操作し彼らに立ち向かうというところから始まります。

 ステージは全8面×2周で、1レバー2ボタン制のオーソドックスなスタイルのシューティングゲームとなっています。

この「紫炎龍」ですが、アテナのシューティングゲーム「大王」の制作スタッフが参加していることもあり、自機の装備、ステージの地形、ボスの攻撃など「大王」の影響が強くみられています。

また、このセガサターン版には、アーケード版には無かったオープニングムービーが加えられています。

 セガサターン版の他の移植作品として、プレイステーション版「撃王 紫炎龍」、プレイステーション2版「THEシューティング ダブル紫炎龍&THEヘリコプター」の全3種類が発売されています。

 こちらは状態も良く、2,800円で買い取りさせていただきました!

幽☆遊☆白書 魔強統一戦

メガドライブソフト/幽☆遊☆白書 魔強統一戦

 「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」は1994年9月30日にセガより発売された対戦格闘ゲームです。

当時「週刊少年ジャンプ」で連載されていた人気漫画「幽☆遊☆白書」を原作とした作品になります。メガドライブ版では、「幽☆遊☆白書」に続く2作品目です。

また、メガドライブ版で発売された幽☆遊☆白書のゲームはこの「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」が最後の作品となっています。

 本作最大の特徴として、発売当時の対戦格闘ゲームでは類を見ない「4人同時対戦」が挙げられます。

登場キャラクターが多いにも関わらず、どのキャラクターを使用しても、バランス良く対戦することが可能で、奇跡の対戦バランスともいわれています!

 ゲームモードも豊富で、「タッグマッチ対戦モード」、「バトルロイヤルモード」、「トーナメントモード」などがあり、飽きずに様々なモードで対戦を楽しむことが可能です。

 また、原作の再現度も非常に高く、各キャラクターの必殺技や戦術も原作に沿って忠実に再現されています。

加えてボイスもアニメと同じ声優陣が担当しているので、原作ファンの方にも大満足な内容になっています。

格闘ゲーム好き、幽☆遊☆白書ファンの方には是非遊んでいただきたい作品です!

 このように、全体的なゲームバランスが良くファンも多かった「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」ですが、メガドライブの他に移植作品が発売されることもなく、価値のあるソフトとなっています。

 そして、発売から25年経った2019年9月19日発売の「メガドライブミニ」に「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」が収録され、注目を集めましたね。待ち望んでいた!という方も多かったのではないでしょうか?

 こちらはソフト・説明書に痛みがみられましたが、3,000円で買い取りさせていただきました!

 

その他にもメガドライブのソフト「ソニック ザ ヘッジホッグ3」、「ガンスターヒーローズ」、セガサターンのソフト「X-MEN VS STREET FIGHTER」なども買い取りさせていただきました!

 

レトロゲームをお持ちの方は、是非レトログへお送りください!

 

他にもよく読まれている記事