「シティハンター」や「ソルジャーブレイド」など買取|ゲーム買取実績

「シティハンター」や「ソルジャーブレイド」など買取|ゲーム買取実績

大阪府のお客様から、PCエンジンソフト「シティハンター」や「ソルジャーブレイド」など、合わせて56点のゲームソフトを、総額58,470円で買取しました!ありがとうございます!

買取したゲームソフトをご紹介

買取したゲームソフトの中でも評価の高いゲームソフトを一部ご紹介します。

【PCエンジン】シティハンター

「シティハンター」は1990年3月2日にサンソフトより発売されたアクションゲームです。アニメ化もされた漫画「シティハンター」をPCエンジンでゲーム化したのが本作品。

ゲーム内容は原作「シティハンター」の主人公、冴羽リョウを操作し、ジャンプアクションと銃撃によって敵を蹴散らしていき、ステージをクリアするというシンプルなものです。

「依頼」=ステージとなっており、選んだ依頼によってステージが決まるという仕組みなっています。

本作品には、原作で出てきたキャラが多数登場し、原作ファン必見の仕上がりとなっております。敵キャラが奇抜なデザインであるのも注目です。

ただ、操作性がシンプルな点と難易度がやや低い点から、とことんアクションゲームをやり込みたい!という方には少し物足りないかもしれません。

しかし、PCエンジンでゲーム化された本作品が「シティハンター」の(家庭用ゲーム機の中における)単独ゲームとしては唯一の作品であるため、超レアソフトとなっております。

原作の世界観を楽しみたい、難しすぎないアクションゲームで遊びたい、という方にぜひおすすめの作品です。

【PCエンジン】ソルジャーブレイド

「ソルジャーブレイド」は1992年7月10日にハドソンより発売された、シューティングゲームです。第8回全国キャラバン公式認定ソフトに選定されました。

ソルジャーシリーズの作品で、ボンバーマン、高橋名人の冒険島など、数々の名作を生み出した「ハドソン」の王道シューティングゲームです。

ゲーム内容は、地球の資源が枯渇した世界で、宇宙に新たな資源を求めに行く過程で、地球外生命体に襲われ、プレイヤーは彼らを倒すため戦うというものです。

その戦いのために開発されたのが重戦闘機「ソルジャーブレイド」で、隊員たちはそれに乗り込み地球を守るため出動します。

ウェポンは赤、青、緑の3種類あり、それぞれ自機を強化できるシステムとなっております。赤はデフォルトのショット、青はレーザービーム、緑はウェーブ状のショットです。

さらにこのショットをストックし、ボムとして使用できたり、安全地帯が用意されていたりと、かなり初心者でもとっつきやすいゲームとなっております。

難易度が高すぎないので、敵を打ち倒すシューティングの爽快感などにどっぷり浸れる、かなり魅力的な作品として人気を集めたソフトでした。

Wiiやプレイステーション3でダウンロード版が発売されたことでまた話題になりましたね。

【PCエンジン】カダッシュ

「カダッシュ」は1991年1月18日にタイトーより発売された横スクロールアクションRPGです。

ゲーム開始時に戦士、魔法使い、僧侶、忍者の4つの中から1つ職業を選ぶことができ、選んだ職業によって主人公のパラメーターが全く異なります。

戦士は物理攻撃力トップ、すばやさもそこそこ高い扱いやすいキャラ。魔法使いはすばやさが低く体力はないですが、一撃必殺の魔法が使え、レベル上げがしやすキャラ。僧侶は武器が扱いにくいが、後半はかなり強化して戦闘が楽になる大器晩成型キャラ。忍者はすばやさがとびねけてダントツで、攻撃力と武器に恵まれているが、レベルが上がるのがかなり遅いキャラとなっております。

このように多種多様な職業から、自分が使うキャラクターの職業を選ぶのは楽しいです。1周目は戦士、2周目は魔法使い、というのもありですね。また、「忍者」という職業があるRPGというのもなかなか珍しいです。

ストーリーは悪魔バーログにさらわれた王女サラサを主人公が助けに行くというシンプルかつ王道のRPGです。

こちらの作品もプレイステーション2や、Wiiに移植されています。