宮城県仙台市のお客様からファミコン、メガドライブ、スーパーファミコンのソフトを買取させていただきました!

宮城県仙台市のお客様からファミコン、メガドライブ、スーパーファミコンのソフトを買取させていただきました!

ファミコンがめでたく7月15日で37周年を迎えました。ゲームが広く普及するきっかけとなった偉大なハードです。

ファミコンがもしなかったら…と思うとなかなかゾッとしますね。レトロゲーム買取のレトログです。

宮城県仙台市のお客様から買取させていただきました。有難うございます!

ファミコンやメガドライブ、スーパーファミコンと様々なソフトがありますね。任天堂もセガも幅広くプレイされたんでしょうか。まさにレトロゲームというべきハードのソフトがたくさんあって嬉しい限りです。

特にスーパーファミコンとメガドライブといえば同世代でもあり、任天堂とセガがバチバチに火花を散らしていました。主にセガ側が任天堂を意識をしていたような気もしますが。

スーパーファミコンにはスーパーファミコンの良さが、メガドライブにはメガドライブの良さがあるので、一概には優劣は付けられません。販売台数とかそういう野暮な話はナシで。

メタルマックス2

メタルマックス2表紙

戦車に乗って旅をするという、RPG全体を通してもなかなか異色の作品です。

データイースト(通称デコ)の中では、このメタルマックスシリーズが一番好きという方もいらっしゃるかと思います。

普通のRPGといえば、キャラクターが様々な能力を駆使して敵と戦うというのが定番ですよね。そんな概念を覆したのがこのメタルマックス。

ファミコン版の初代のキャッチコピーは「竜退治はもう飽きた!」というものです。ファルコムの「ドラゴンスレイヤー」の立場は。

デコのゲームといえばなかなか奇抜な発想のゲームが多いですが、このメタルマックスシリーズもまさにその一つ。

独特のシナリオ展開やシステムと、仲間の犬と、とにかく異色の要素が満載。

メタルマックス装備

人間は戦車に乗っているのに、犬はプロテクターみたいなやつ着て終わりというとんでもないシステム。まあ犬に戦車を操縦されてもそれはそれで困りますが。

あとはデスクルスという町で行われるドラム缶押しイベント。

何の意味もなく、ただひたすらドラム缶を特定の距離分押してスタート地点まで戻るという不毛な行動。

しかも看守に罵倒されながらドラム缶を押す羽目に。恐らくメタルマックス2を知らなくてもこのシーンは知っているという方もいると思います。

とまあなかなか異質なRPGともいえるでしょう。これにハマったあなたには是非他のデコのゲームもおすすめしたい。

ファイナルファイト

ファイナルファイト表紙

FFと聞いて「ファイナルファンタジー」を思い浮かべるか、「ファイナルファイト」を思い浮かべるか。私は「ファイナルファイト」派です。

元はアーケードで稼働していたベルトスクロールアクションです。

この頃の同じジャンルだとセガの「ゴールデンアックス」、「エイリアンストーム」などが同時に稼働していましたね。

ファイナルファイトプロローグ

なかなか物騒なプロローグですよね。平和も秩序もないとか世紀末です。北斗の拳でしょうか。

とまあハガー市長の娘が悪の組織に拐われたので助けに行くというシナリオです。

コーディーとハガー

大体こういう時は市長が有志を募って助けに行ってもらうのが普通の展開なんですが、本作はハガー市長本人が助けに行くという展開です。まあ見ての通り強そうですからね。

もうひとりの操作キャラであるコーディーは娘の恋人です。

アーケードの移植ということで、結構制約があります。個人的にはアーケード版にいたガイがいなくなったのは少し残念でした。

とはいえ、アーケードの雰囲気がなくなったというわけでもなく、結構再現度は高いほうだと思います。

敵が割と絶妙な配置しているんですよね…実はアーケードより敵の表示する数自体は減っているのですが、この配置のおかげで適度に難しくなっています。

ファイナルファイト技説明

やっぱりこのゲームの面白いところは爽快で派手なアクションですよね。とても市長とは思えないアグレッシブなアクションが結構あります。個人的にはバックドロップが大好きです。

コンバットライブス

コンバットライブス表紙

今回はベルトスクロールアクションに偏ってしまっていますね。今回紹介するコンバットライブスもベルトスクロールアクションです。

制作元のテクノスジャパンですが、コンバットライブス以外にも「くにおくん」シリーズや「ダブルドラゴン」シリーズといった、有名なベルトスクロールアクションが他にもたくさんあります。この手のジャンルはお手の物といったところですね。

アーケードでは結構生生しい殴打音がするんですよね。この辺はさすがテクノスジャパンといったところですよね。

アーケード版はかなり高難易度だったのは覚えています。確か体力回復しないんですよね。

アーケードなんでインカムとか考えると多少は仕方ないですけどね…

なので移植版のスーパーファミコン版はある程度難易度が下げられています。ステージ移動の際に体力が回復するようになりました。

アーケードの地獄を知っているとこれだけでも劇的ですよ。

そしてこちらも「ファイナルファイト」に劣らない派手なアクションが特徴ですね。

コンバットライブス技一覧

頭ガンガンとかやってる間に他の敵にボコられそうなものですが…ジャイアントスイングはなかなか気持ちいい。

コンバットライブスモヒカン

敵の見た目もいい具合にヤバいのが多いですね。通称モヒカンとかそのままじゃないですか。

ちょくちょく通称がある奴らが多いのが面白いですよね。こういうのは説明書がないとなかなか見られない。

アクスレイ

アクスレイ表紙

コナミのスーパーファミコンのシューティングゲームと言えば大体の方は「グラディウス3」、「Pop’nツインビー」のどちらかを思い浮かべると思います。

実は他にも隠れた名作があるんですよ。それがこの「アクスレイ」

ただ、発売の前後には「スーパーマリオカート」「ドラクエ5」といった有名作品があり、それらに埋もれてしまったという哀しい作品。

アクスレイ装備

まず驚いたのは武装などの装備のシステム。

「グラディウス」シリーズなどはミスした瞬間自機がやられてしまい、復活時には全部の装備を失うというなかなかシビアな仕様なのです。

ですが本作はその逆で、ミスをしてもすぐにはやられず、1ミスと引き換えに装備を失っていくというシステムです。

つまり全て失って初めて1機なくなるということですね。

なので結構しぶとく生き残ることも可能です。まあ装備を失っていくごとに貧弱にはなっていくのですが。ただ1機ミスすれば装備はまた復活します。

フロントとサイド、リアの三箇所に装備があるのですが、三箇所を上手く切り替えながら進めるのがコツです。

私はあまり強力ではない装備で進めていき、強力なものは温存しておくスタイルでした。このように結構戦略的な部分も求められるゲームです。

当時のスーパーファミコンのスペックを考えるとかなり工夫がされた演出が多く、背景のパースや、前に進めば進むほどスピードが減少していき、大型のキャラなどは歪んていくといった擬似的な3D演出が盛り込まれています。

グラディウス3の時はスーパーファミコン初期のタイトルにも関わらず、グラフィックやサウンドが滅茶苦茶すごかったんですが、このアクスレイも疑似3D演出や先述のミスの仕様など、コナミの技術力には驚かされますね。

まとめ

様々なソフトをお送りいただきましたが、総額は61,720円でした!

その他にも「奇々怪界」や、「アテナ」などを買取させていただきました。「アテナ」はKOFの麻宮アテナの元ネタ。

レトログではファミコンなどの定番ゲームだけでなく、セガのメガドライブ、NECのPCエンジンなど様々なハードを取り扱っています。ご自宅にあるレトロゲームを売りたいとお考えの方は是非レトログをご利用下さい!

他にもよく読まれている記事