高額買取できるPCエンジンのプレミアソフトは?買取価格はいくら?

高額買取できるPCエンジンのプレミアソフトは?買取価格はいくら?

1987年に発売された《PCエンジン》は、スーパーファミコンに次ぐ人気のあった家庭用ゲーム機です。

そんなPCエンジンのソフトの中には買取価格1万円を超えるプレミアソフトが存在していることをご存知だったでしょうか?

そこで今回は高額買取できるプレミアソフトや、多くの方が持っている人気ソフトの買取価格についてご紹介します。

PCエンジンのプレミアソフトの買取価格

 まずは買取価格が1万円を超えるプレミアソフトとその買取価格からご紹介します。

もし自分の持っているPCエンジンソフトの買取価格が知りたい場合は、レトログの買取価格表をご参考ください。

PCエンジン買取価格表

銀河婦警伝説サファイア(アーケードカード専用)

PCエンジンソフト/銀河婦警伝説サファイア(アーケードカード専用)

買取価格:60,000円

 銀河婦警伝説サファイア(アーケードカード専用)は1995年11月24日にハドソンより発売されたシューティングゲームです。このソフトがプレミア化した理由は、

  • ・既にPCエンジンの衰退期に発売されたソフトで注目度が高くなかった
  • ・更に格闘ゲームの台頭でシューティングゲーム自体が低迷期にあった
  • ・しかし、徐々にコレクターの間で話題となり価格が高騰した

   最初は敬遠されていたものの徐々にコレクター達が騒ぎ始め、プレミア化したということですね。操作性は当時のシューティングゲームの中でも非常に良いものであったことも寄与しているのかもしれません。

マジカルチェイス(初版)

PCエンジンソフト/マジカルチェイス(初版)

 買取価格 18,000円

この当時はPCエンジンではアイレムの「R-TYPE」シリーズ、タイトーの「究極タイガー」、ハドソンの「スーパースターソルジャー」など、様々な名作シューティングゲームが発売され、PCエンジンはシューティングゲーム御用達のハードとして知名度を上げていきました。そんな中で発売されたのがこの「マジカルチェイス」です。

魔法使いを主人公とした横シューティングのソフトで、敵を倒すとクリスタルを落とし、道中に現れるショップでクリスタルで買い物をして自分を強化していくというものです。

開発元も発売元もマイナーメーカーだったこともあり、知名度も低くあまり流通しなかったことや、発売元がすぐに倒産してしまったにも関わらず、評価の高いソフトとして人気が広がったことで、PCエンジンの中でも非常にプレミアがついているソフトです。

コリューン

PCエンジンソフト/コリューン

買取価格:20,000円

この当時ナグザットで発売されていたPCエンジンのソフトと言えば「精霊戦士スプリガン」などが挙げられますが、開発はコンパイルなど他社で行われていました。この「コリューン」は開発もナグザットによるソフトです。

シューティングとしては非常に簡単な部類にあたり、敵がかなりアイテムを落とすので、初心者にはおすすめです。ただ、当時のナグザットといえば先述の「精霊戦士スプリガン」などのサマーカーニバルシリーズが人気ということもあり、このコリューンは流通量が少なくプレミアがついています。

レニーブラスター

PCエンジンソフト/レニーブラスター

買取価格 17,000円

「レニーブラスター」が発売された1995年といえば次世代機であるプレイステーションやセガサターンが発売されていました。恐らくユーザーもそちらに流れていたのではないでしょうか。

内容としては非常にシンプルな横スクロールアクションです。特に尖った部分も見当たらないのが特徴ですね。末弥純氏のイラストは魅力的ですね。先述したようにPCエンジンの中でも後期の作品にあたるので、流通量が少なくプレミアがついているソフトです。

TATSUJIN

PCエンジンソフト/TATSUJIN

買取価格 14,000円

東亜プランといえばガチガチのパターンを組む高難易度の硬派なシューティングゲームが多いですが、こちらの「TATSUJIN」もその一つです。ただし、これまでと比べると自機のスピードがアップしており、避けて撃つというこれまでとは一風変わったパターンの構築が求められることとなりました。

このPCエンジン版は業務用とほぼ同じレベルの移植となっており、難易度もほぼ据え置きです。ガチガチのパターン構築が求められることから、シューティングの上級者にしか手を出しにくいという側面もあり、プレミアがつきました。この当時には続編の超高難易度で知られる達人王がアーケードで稼働していたのもプレミアの理由でしょうか。

悪魔城ドラキュラX「血の輪廻」

PCエンジンソフト/悪魔城ドラキュラX「血の輪廻」

買取価格 6,500円

悪魔城シリーズの10作目を意味する「X」が名付けられたソフトです。悪魔城シリーズといえばアクションゲームの中でも非常に高難易度で知られていますが、こちらは比較的低難易度に仕上がっています。

主人公以上に強力な「マリア」の登場が難易度低下の要因の一つです。やりこみ要素の多さや、スペックをフルに生かした良質なグラフィックから、悪魔城シリーズでも非常に人気の高いソフトです。こちらもPCエンジンの末期にさしかかったソフトということもあり、プレミアがついています。

※上記買取価格は2019年8月21日現在のもの。全て完品美品での買取価格となります。尚、市場状況や在庫状況によって価格が変動する可能性がございます。

もし自分の持っているPCエンジンソフトの買取価格が知りたい場合は、レトログの買取価格表をご参考ください。

PCエンジン買取価格表

PCエンジンで人気だったゲームソフトの買取価格

上記では持っている人が少ないプレミアソフトの買取価格についてご紹介しましたので、次はPCエンジンの中でも人気だったゲームソフトの買取価格をご紹介します。

PC原人

PCエンジンソフト/PC原人

買取価格:1,759円

様々なハードで発売されている原人シリーズの1作目です。非常に人気が高いアクションゲームで、原人はハドソンの他のゲームソフトにも出ている看板キャラです。他のハードでも発売されている影響で、リメイクがゲームアーカイブスやバーチャルコンソールの配信に限られているため、買取価格が高くなっています。

PC原人3

PCエンジンソフト/PC原人3

買取価格:3,700円

2人プレイが可能になりました。毎度おなじみの頭突きアクションに加え、キャンディーなどの新アイテムも登場しました。こちらはPCエンジンの末期の発売ということで、プレミアがついています。

R-TYPE COMPLETE

PCエンジンソフト/R-TYPE COMPLETE

買取価格:800円

Hu-Cardにて発売された「R-TYPE」2作のカップリング作になります。Hu-Card版の評価が非常に高く、それをほぼ完全移植しているということから人気の高いソフトになっています。ビジュアルシーンも追加されており、これまでにはない「R-TYPE」を楽しめますね。

ダライアスプラス

PCエンジンソフト/ダライアスプラス

買取価格:857円

アーケード版ダライアスをHu-Cardへと移植したのが「ダライアスプラス」です。PCエンジンのソフト全体を通してもHu-Cardとスーパーグラフィックスの両方に対応しているソフトはこの「ダライアスプラス」だけです。3画面シューティングという特異なゲームを見事に移植していますね。

スプリガン Mark Ⅱ

PCエンジンソフト/スプリガン Mark Ⅱ

買取価格: 1,842円

精霊戦士スプリガンの続編として発売されたソフトです。ビジュアルシーンなどのストーリー性が非常に強化されており、世界観も前作から一新されています。リメイクがバーチャルコンソールのみの配信にとどまっていることから、この価格になっています。

グラディウスⅡ

PCエンジンソフト/グラディウスⅡ

買取価格: 1,000円

アーケード版「グラディウスⅡ」を当時シャープのX68000版が非常に高い完成度で移植していましたが、こちらのPCエンジン版もアーケード基盤とのスペック差をものともしない高い完成度を誇っています。こちらもPCエンジンソフトの末期にさしかかっていることから、この価格になっています。

※上記買取価格は2019年8月21日現在のもの。全て完品美品での買取価格となります。尚、市場状況や在庫状況によって価格が変動する可能性がございます。

まとめ

 PCエンジンのソフトに限らずレトロゲームは、人気があり多くの人が持っていたゲームソフトほど買取価格が低く、当時は人気がなかったり生産量の少ないゲームソフトほど買取価格が高い傾向にあります。

もし自分の持っているPCエンジンソフトの買取価格が知りたい場合は、レトログの買取価格表をご参考ください。

PCエンジン買取価格表

他にもよく読まれている記事