1,200円以上!?ファミコンソフト【うしおととら~深淵の大妖~】の買取相場はいくら?

1,200円以上!?ファミコンソフト【うしおととら~深淵の大妖~】の買取相場はいくら?

週刊少年サンデーで連載されていた人気漫画「うしおととら」を原作として発売されたのが、このファミコンソフト「うしおととら~深淵の大妖~」です。

この記事では、「うしおととら~深淵の大妖~」の買取価格をご紹介したいと思います。

このソフトを売りたいと考えている方や、買取価格が気になる方は是非参考にしてみてください。

うしおととら ~深淵の大妖~の買取相場

 

「うしおととら~深淵の大妖~」の気になる買取相場をまとめてみました。

レトログ:1,210円

A店:840円

B店:640円

C店:290円

D店:100円

※掲載の価格は完品(箱・説明書付)、美品での買取価格(税込)です(2019年6月11日現在)。汚れや傷の程度により、減額の対象となる場合がございます。

 

うしおととら 深淵の大妖の買取価格が高い理由

 

「うしおととら~深淵の大妖~」の買取価格が高い理由として、発売年が挙げられます。

このソフトは、1993年というファミコン末期に発売されました。

発売当時は、ゲームボーイの全盛期であったことや、1990年には既にスーパーファミコンが発売されていたこともあり、非常に流通量が少なくなっています。

流通量の少なさに加え、ゲーム自体の評価も「うしおととら~深淵の大妖~」の価値を高めています。

「うしおととら~深淵の大妖~」は、RPGゲームでゲーム内には多くのデモシーンが盛り込まれています。

デモシーンの追加によって、原作を知らない人でも話の内容も掴みやすくなりますし、原作ファンにとって、このアニメーションは嬉しいポイントではないでしょうか。

ファミコン末期に発売されたこともあり、グラフィックがとても綺麗だと評価が高いです。

また、原作漫画の連載終了から20年の時を経て、2015年よりテレビアニメ化もされています。

テレビアニメ化されたことで、再び「うしおととら」に注目が集まったことも、人気の理由の一つではないでしょうか。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

「あの人気漫画がゲームになっていたなんて知らなかった!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「うしおととら~深淵の大妖~」の他にも、漫画が原作となったゲームは意外と沢山ありますので、調べてみるのも面白いかもしれませんね。

レトログでは、「うしおととら~深淵の大妖~」をはじめその他レトロゲームも高価買取していますので、レトロゲームを売りたいと考えている方は、是非レトログをご利用ください!

他にもよく読まれている記事