7,000円以上!?スーパーファミコンソフト【キャプテンコマンドー】の買取相場はいくら?

7,000円以上!?スーパーファミコンソフト【キャプテンコマンドー】の買取相場はいくら?

カプコンの大ヒット作品「ファイナルファイト」の続編として1995年に発売されたのが、この「キャプテンコマンドー」です。
この記事では、「キャプテンコマンドー」の買取価格についてご紹介したいと思います。
ソフトを売りたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。

キャプテンコマンドーの買取相場

 

キャプテンコマンドーの気になる買取相場をまとめてみました。

レトログ:7,000円
A店:6,570円
B店:5,500円
C店:4,460円
D店:2,400円

※掲載の価格は完品(箱・説明書付)、美品での買取価格(税込)です(2019年4月25日現在)。汚れや傷の程度により、減額の対象となる場合がございます。

箱・説明書無しですと、500~1,000円程度となっております。

 

キャプテンコマンドーの買取価格が高い理由

 

キャプテンコマンドーの買取価格が高い理由として、隠れた名作であるという点が挙げられます。

キャプテンコマンドーの発売当初は、格闘ゲームブームであり、同社より発売された「ストリートファイター2」が人気を博していました。
このような時期に発売されたことによってキャプテンコマンドーは、あまり注目を集めることはありませんでした。

そのため、流通量も少なく買取価格が高くなっています。

また、キャプテンコマンドーが発売された1995年は、既にスーパーファミコン後期に差し掛かっていました。

次世代機のPlayStationやセガサターンも発売されていた時期で、生産数自体も少なかったことも、価格が高くなっている理由のひとつです。

発売当初は注目を集めることなかった本作ですが、主人公「キャプテンコマンドー」の登場する「MAVER VS. COPCOM」や「NAMCO×CAPCOM」等お祭り作品の登場で、発売当初よりも人気が上がったことが理由で、ソフトの価値も高くなっています。

元々キャプテンコマンドーはアーケード版で稼働していました。スーパーファミコン版を発売するにあたって、「ダッシュ攻撃」や「ジャンプ攻撃」などの新要素も加わり、より戦闘を楽しむことができます。

明るい世界観やバラエティに富んだステージも魅力的ですね。
このようなゲーム内容の評価も、キャプテンコマンドーの価値を高めています!

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
「キャプテンコマンドー」の他にも、発売時期による流通量の少なさ故プレミアのつくソフトは数多く存在します。
レトログでは、「キャプテンコマンドー」をはじめその他レトロゲームも高価買取していますので、レトロゲームを売りたいと考えている方は、是非レトログをご利用ください!

他にもよく読まれている記事