「カオスシード ~風水回廊記~」や「美少女レスラー列伝」など買取|ゲーム買取実績

「カオスシード ~風水回廊記~」や「美少女レスラー列伝」など買取|ゲーム買取実績

北海道のお客様から、スーパーファミコンのソフト「カオスシード ~風水回廊記~」や「美少女レスラー列伝」など、合わせて71点のゲームソフトを、総額28,870円で買取しました!ありがとうございます!

買取したゲームソフトをご紹介

買取したゲームソフトの中でも評価の高いゲームソフトを一部ご紹介します。

【スーパーファミコン】カオスシード ~風水回廊記~

「カオスシード」は1996年3月15日にタイトーより発売されたシミュレーションゲームです。本作品は、「洞窟育成シミュレーション」といわれ、RPGの要素も含まれています。

プレイヤーは主人公の洞仙を操作し、住まう仙窟を育て、侵入者を撃退し、枯れた龍脈にエネルギーを注ぎ、大地を復活させるというストーリーです。タイトル副題にもある通り、東洋のファンタジーがモチーフとなっており、十二支の仙獣も登場します。

洞仙を倒そうと乗り込んでくる敵や、仙洞のお宝を奪おうとする挑戦者達がいるので、仙洞を拡張し、侵入者を撃退しましょう。部屋に罠を作ったり、仙獣を戦わせたりすることもできます。

自由度が高く、オリジナルの仙窟を作っていくことができるのがこのゲームの大きな魅力です。

【スーパーファミコン】美少女レスラー列伝

「美少女レスラー列伝」は1996年3月29日にケイエスエスより発売されたプロレスゲームです。漫画『ブリザードYuki』をゲーム化した作品で、主人公が一人前のレスラーとして成長していくまでのお話となっています。

主人公のプロレスの試合の勝敗によってストーリーが変化する、完全マルチシナリオ、マルチエンディングとなっております。

プレイヤー独自のストーリーがみられる作品はワクワクしますよね。何周でもやりたくなってしまいます。

プレイヤーは、主人公の体力をつけたり、技を覚えさせたりして育成。試合の時は簡単な指示を出すだけで、あとはキャラクターが勝手に闘ってくれます。

ちなみに主人公は何人かから選べるのですが、原作主人公の「ブリザードYuki」や、「マイティ祐希子」、「チェルシー羽田」など、かなり癖の強そうな名前のキャラばかりですね。

【スーパーファミコン】マグナブラバン~遍歴の勇者

「マグナブラバン~遍歴の勇者」は1994年11月18日にアスク講談社より発売されたロールプレイングゲームです。

このゲームの特徴は、RPGなのに主人公が平凡で伝説の勇者は脇役である点です。

世界を滅ぼす魔王を倒すべく、主人公が旅に出るまでは王道RPGなのですが、主人公は落ちこぼれで武闘大会に出るも初戦敗退してしまうへっぽこであることが、他のゲームと違う要素になります。

始めは弱い主人公でも、ストーリーを進めるごとに成長し、魔王討伐に挑むというシナリオです。物語の最初からもてはやされて、救世主と呼ばれる主人公もいいですが、本作品のように落ちこぼれから成長していくRPGも一風変わっていておもしろいですよね。

このゲームは雑魚キャラがかなり強くレベル上げが重要。RPGに打ち込みたい方におすすめです。