「パルスター」や「コリューン」など買取|ゲーム買取実績

「パルスター」や「コリューン」など買取|ゲーム買取実績

神奈川県のお客様から、ネオジオソフト「パルスター」、PCエンジンソフト「コリューン」や「はなたかーだか!?」など、合わせて70点のゲームソフトを、総額196,940円で買取しました!ありがとうございます!

買取したゲームソフトをご紹介

買取したゲームソフトの中でも評価の高いゲームソフトを一部ご紹介します。

【ネオジオ】パルスター

ネオジオソフト/パルスター

「パルスター」は、1995年9月29日にSNKより発売されたシューティングゲームです。ストーリーは、行方不明の姉を探すため、パイロットとなった「山崎薫」がDINO246に乗り込み宇宙へ飛び立つ、という内容になっています。

本作は、すべてのグラフィックがCGプリレンダリングで描かれた、多彩なアニメーションが人気です。

自機の特殊武器に注目してみると武器の選択が可能であり、シールドとしても使用できる5種の「ボイジャー」と自機の上下に装着可能で全方向射撃ができる「イオ」というオプションが登場。このように多様な攻撃ができる点も特徴的ですね。

発売当時のネオジオソフトといえば格闘ゲームが主流で、「パルスター」などのシューティングゲームは生産本数が非常に少なかったことに加え、ゲーム内容の評価が高いことから、徐々にコレクター間で話題となりプレミアソフトとなっていきました。

「パルスター」の発売から3年後の1998年には、続編「ブレイジングスター」も発売されており、こちらも超プレミアソフトとして有名ですね!

【PCエンジン】コリューン

コリューン

「コリューン」は、1991年11月29日にナグザットより発売されたシューティングゲームです。

PCエンジンのシューティングゲームの中では難易度が低めで、初心者でも楽しめる内容となっています。操作性も単純で、敵を次々と倒していく爽快感を味わうことができます!

ストーリーは”魔法使いによって子供の姿にされたお姫様を元に戻すために子供の竜「コリューン」が倒しに行く”という内容になっています。ストーリーやキャラクターもコミカルで特徴的ですね。

また、本作の特徴として「バックアップが可能」という点が挙げられます。当時のPCエンジンソフトでは、スコアの記録が残るものは少なく、こちらも評価されている一つのポイントとなっています。

発売当時は、難易度の低さもあってかあまり注目されませんでしたが、現在ではPCエンジンのソフトの中でも特に珍しいソフトとしても知られていますね!

【PCエンジン】はなたーかだか!?

PCエンジンソフト/はなたかーだか!?

「はなたーかだか!?」は、1991年8月9日にタイトーより発売されたシューティングゲームです。

ストーリーは、キツネのコン太の恋人であるイナリがジカンダに攫われてしまいます。そこでコン太は鞍馬山の天狗に助けを求め、天狗がイナリの救出とジカンタを攻撃を目的としてステージを進んでいく、という内容です。

天狗を操って12枚の「封印の札のかけら」を集めながら、全6ステージを進めていきます。主人公が天狗であるシューティングゲームは、本作とファミコンソフト「暴れん坊天狗」くらいでとても珍しいですね。

各ステージに「ジカンダの子分」が隠れていて、この子分を攻撃すると裏ステージに進むことが可能です。裏ステージにもジカンダの子分がいて、倒すと「封印の札のかけら」をゲットできます。

「はなたーかだか!?」では、この「封印の札のかけら」がとても重要になってきます。1枚でも取り逃してしまうと、取れなかったかけらの分が隠れた状態で、エンディングが流れてしまいます。

そのため、きちんとエンディングを見るためには全ての「封印の札のかけら」をゲットしなければなりません…!

コミカルな世界観や綺麗なグラフィックも評価が高く、人気のソフトとなっています。