赤い帽子とヒゲが特徴!ミスターニンテンドー「マリオ」シリーズ!

赤い帽子とヒゲが特徴!ミスターニンテンドー「マリオ」シリーズ!

今や任天堂の顔としてだけでなく、ゲームに出てくるキャラ全体を通してもいちばん有名なのはこの人でしょう。そう、マリオです。ゲームをあまり知らない人でも知っていると思いますね。それぐらいマリオは愛され続け、今でも活躍しているのです。あの安倍首相がコスプレするくらいですから。
今回はマリオが一体どのようにして活躍してきたかについて紹介していきたいと思います。もちろん買取価格もご紹介しますよ!

「マリオ」シリーズとは?

一言でマリオが出ているゲームと言っても実にいろんな種類があります。ミスターニンテンドーですから。横2Dアクションから3Dとアクション、スポーツやパーティーゲームにレースゲーム。パズルもありで何でもござれ。今回は簡単にそれらのシリーズについてご紹介していきたいと思います。

マリオシリーズの歴史を紐解こう

マリオシリーズがどんな歴史をたどってきたかを簡単にご紹介していきたいと思います!

一番有名な横スクロールアクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」シリーズ

スーパーマリオブラザーズ/ファミコンソフト

ファミコンで発売された「スーパーマリオブラザーズ」。これを皮切りにしてマリオは様々な冒険をしていくことになります。

本シリーズは、マリオを操作して、ジャンプやダッシュ、アイテムなどを駆使してコースをクリアしていくという至ってシンプルなものです。

シンプルながらも操作は微調整も必要な奥深いもので、個性的な敵たちや、絶妙に配置されたギミックを前にして苦戦した方も多いでしょう。大体どのシリーズでもこういうのが共通しています。たとえハードが新しくなってシステムが増えようとも、こうしたマリオの基本的な姿勢は変わりません。だからでこそ多くのファンに愛されたシリーズなんでしょうね。

他にもおなじみのあの地上BGMや、ジャンプ音など、今でも色褪せない部分がたくさんあります。そして毎度のように攫われるピーチ姫。キノコ王国の守備はザル。懲りないクッパもクッパですが…

個人的にはこの「スーパーマリオブラザーズ」シリーズで一番好きなのはSFCの「スーパーマリオワールド」ですね。アクションに謎解き要素も加わり、頼りになる相棒「ヨッシー」の初登場ということでかなり印象の強い作品です。難易度もほどよく、万人におすすめできます。

いろんなところを3Dアクションで駆け巡れ!「3Dスーパーマリオ」シリーズ

スーパーマリオ64/ニンテンドー64ソフト

「イヤッフゥウウゥウ!」64で新たに登場したマリオの3Dアクションシリーズ。ちなみに最初の掛け声は64でのジャンプ時の掛け声です。

2Dから3Dに進化したことで、自由に動き回れるようになりました、これまでの2Dは基本的にゴールまで一本道であり、ある程度ルートは決まっていました。2Dの横スクロールアクションなので仕方ないといえば仕方ないのですが。

3Dになったことで箱庭感が増し、ある程度自由にルートを決められるような調整になっているので、思う存分マリオを動かしましょう。64以降はポンプを使ったり宇宙へ行ったりと大冒険です。

ちなみに64以降マリオに声がつくことが多くなりましたが、シリーズで一貫して「チャールズ・マーティネー」氏が担当しています。マリオ以外にもルイージやワリオ、ワルイージもチャールズ氏が演じています。氏の特徴的な掛け声は頭に残りますね。マンマ・ミーアとか。

RPGだってできる!おなじみのアクションが技として登場「マリオRPG」シリーズ

スーパーマリオRPG/スーパーファミコンソフト

アクションとしての印象が強いマリオですが、RPGもそれなりにあります。最初はSFCで任天堂とスクウェアの夢のコラボで「スーパーマリオRPG」が登場しました。

どのシリーズでも基本的にシンボルエンカウント方式で、マップ上ではアクションのように操作して進めて、いざ敵に触れると戦闘が始まるという感じです。SFCとGBA以降のシリーズは開発が違うのでちょっと毛色は違うもののどちらも質の良いRPGに仕上がっています。

SFCではルイージがほとんど登場せず、クッパやピーチといった面々に加えてオリジナルキャラが仲間になります。大体ルイージはこの頃は留守番が多かったです

GBA以降は、マリオとルイージが2人で力を合わせて冒険するという感じです。どちらも細かい部分で小ネタが多く仕込まれているので、RPGのようにじっくり探していくと楽しめますね。”

任天堂の代表的パーティーゲーム「マリオパーティ」シリーズ

マリオパーティ/ニンテンドー64ソフト

マリオを語る上ではこちらのシリーズも欠かせないでしょう。ボードゲームをベースにし、ターンの合間にミニゲームを挟んでいくというのが基本スタイルです。コインを集めながら、集めたコインをスターと交換して、最も多くスターを集めたプレイヤーの勝利です。コインは合間のミニゲームや青いマスで手に入れられます。

ボードゲームとしてはルールはとても簡単で、ボードゲームをあまりプレイしない人でも簡単に出来ます。

合間のミニゲームも種類が豊富で、シリーズごとにユニークなものが多いです。ボタン連打系なんかはシンプルながらも必死で連打していましたね。

パーティーゲームは得てして相手を邪魔する要素が結構多くありますが、本シリーズでは割と平和的に進められる方だと思います。もちろん邪魔するアイテムもあるので、ある程度は妨害も出来ますが。

また、シリーズを重ねる毎に戦略性もそれなりに求められるようになりました。マスにアイテムの効果を設置したり、邪魔をしてくるギミックの登場だったりと様々です。

とはいえ、運要素による部分ももちろんありますので、初心者だからといって勝てないなんてことはないのがマリオパーティです。

スポーツだって得意!「マリオスポーツ」シリーズ

マリオテニスGB/ゲームボーイソフト

マリオのスポーツ系は意外と歴史が古く、ディスクシステムの時点でゴルフをやっています。

しばらくはゴルフゲームが続きましたが、バーチャルボーイや64でテニスが登場し、以降はゴルフとテニスがマリオのスポーツシリーズのメイン競技となっています。

ゴルフやテニスの一部シリーズでは、普通の人間のオリジナルキャラが主人公となっています。それらの作品では、マリオたちは超有名なトッププレイヤーというポジションです。

個人的にテニスは結構派手な技が多くて楽しい印象です。マリオの世界なので、ある程度ありえないようなショットをしても違和感はないのがいいですね。個性的なショットも多数で、普通のテニスゲームとは一線を画しています。

メインはゴルフとテニスですが、野球やサッカーといったその他の人気スポーツをモチーフにしたものもあり、最近ではマリオとセガのソニックがコラボしてオリンピック競技をプレイするゲームもありますね。

マリオとソニックはスマブラでも共演していますが、オリンピックシリーズでは他のソニックキャラも登場するお祭りゲームです。

同時期に発売された有名タイトルはどんなのがある?

スーパーマリオブラザーズ ファミコン版 1985年9月13日
ファミコンではナムコの「バトルシティー」が同じ月に発売
SG-1000ではセガの「ザクソン」が同じ月に発売

スーパーマリオ64 64版 1996年6月23日
スーパーファミコンではバンダイの「空想科学世界ガリバーボーイ」が同じ月に発売
64では任天堂の「パイロットウイングス64」が同じ月に発売
プレイステーションではSNKの「ザ・キング・オブ・ファイターズ’95」が同じ月に発売

スーパーマリオRPG 1996年3月9日
スーパーファミコンではHAL研究所の「星のカービィ スーパーデラックス」が同じ月に発売
プレイステーションではコナミの「グラディウス DELUXE PACK」が同じ月に発売
セガサターンではセガの「パンツァードラグーン ツヴァイ」が同じ月に発売

マリオパーティ 1998年12月18日
プレイステーションではバンプレストの「スーパーロボット大戦F」が同じ月に発売
セガサターンではメサイヤの「ラングリッサー トリビュート」が同じ月に発売
64では任天堂の「ドンキーコング64」が同じ月に発売

マリオテニス64 2000年7月21日
プレイステーションではエニックスの「鈴木爆発」が同じ月に発売
ゲームボーイではメディアファクトリーの「サクラ大戦GB 檄・花組入隊!」が同じ月に発売
64ではエポック社の「ドラえもん3 のび太の町SOS!」が同じ月に発売”

マリオシリーズのタイトルの買取価格を大公開

スーパーマリオブラザーズ
ファミコン版 400円
オールナイトニッポンバージョン 10,000円
GBA版 210円

スーパーマリオブラザーズ2
ディスクシステム版 250円
GBA版 349円

スーパーマリオブラザーズ3
ファミコン版 250円
GBA版 303円

スーパーマリオUSA
ファミコン版 900円
GBA版 201円

スーパーマリオワールド
スーパーファミコン版 250円
GBA版 296円

スーパーマリオ64
64通常版 10円
振動パック対応版 212円
DS版 10円

スーパーマリオサンシャイン 139円

マリオテニス
64版 10円
GC版 10円
GBA版 109円

マリオゴルフ
GB版 10円
GBA版 10円
64版 10円

マリオオリンピックシリーズ
ソチオリンピック 159円
リオオリンピック3DS 315円
リオオリンピック3DS 499円

マリオパーティ
マリオパーティ1~8 10円
マリオパーティ9 197円
マリオパーティ10 406円
3DSアイランドツアー 226円

RPGシリーズ
SFC版 180円
SFC海外版 5,000円
GC版ペーパーマリオ 159円
マリオ&ルイージ1~3 10円

マリオシリーズを売るにはどの方法が一番オススメ?

いざ「捨てるのはもったいない!買取してもらおう!」と思っても、「どこで売るのがいいんだろう…」と思いますよね。一言でレトロゲームを売ると言っても、実店舗やネット買取という括りだけでなく、最新ゲームを中心に取り扱っている店舗など、お店によってもその性質は様々です。今回は様々な買取サービスの比較をしていきます!

リサイクルショップで売る

「処分するくらいなら売ろうかな」と考えた場合、リサイクルショップに売るのは候補の一つです。

ゲーム以外にも扱っているので他にも処分したいものがあれば一度に処分することができます。

ただし、ゲームを専門としていないので、買取価格には期待できない場合が多いです。

また、レトロゲームを買取対象外としているところもあるので注意が必要です。

注意したい点として、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

持っていくだけで売れる、その場で現金化できるという利点がありますが、買取価格が安い、大量の場合持っていくのが面倒、レトロゲームの場合は買取不可の場合があります。”

近所のゲームショップで売る

「ゲーム機なんだからゲームショップに売ればいいじゃん」と考える方も多いと思います。

ゲームショップによっては得意なゲームと不得意なゲームがあるので、事前にどんなゲームが得意なのか調べておく必要がありますね。

また、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

たいてい新しいゲームは良い買取価格がつきますが、レトロゲームは買取対象外の場合があります。

オークションで売る

オークションもフリマアプリ同様、ゲーム機を売ることが出来る方法です。

オークションであれば、価値がわからなくても勝手に値段がつり上がってくれることもあります。タイミングによってはほとんど入札が入らず終わる場合もありますね。”

フリマアプリで売る

フリマアプリで売ることも候補の一つだと思います。フリマアプリであれば、自分で価格を設定することが出来るので、お金の面を考えると一番良い方法かもしれません。

ただし、出品準備、価格交渉、梱包発送などやることが多くて面倒、手数料が取られるという問題があります。”

宅配買取で売る

宅配買取では、簡単ですぐに申し込めることが出来ます。結果も全てネットでわかるようになっているので、全て家で完結することが出来ます。

その他にも買取価格アップや、送料不要などキャンペーンも豊富です!

レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由

ここまでサービスの比較をご紹介しましたが、レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由をご紹介します!

古いゲームに特化しているため古いゲームの高価買取が可能

レトログではレトロゲームに特化していますので、通常のゲームショップでは買取できないような古いゲームでも買取が可能となっています。また、ある程度古いものだと理解していますので、少しの汚れで大きく減額となることは少ないです。

送るための緩衝材やダンボールが無料で貰える

レトログではゲームを入れるためのダンボールや緩衝材を申し込む際に無料で貰えます!「丁度いい箱がない…」というような場合でも大丈夫です!

独自のキャンペーンがあり、該当すれば買取価格がアップ

レトログでは「自分で箱を用意した方は査定額+500円UP」のキャンペーンと「値段がつかないものでも最低価格10円保証」という独自のキャンペーンを行っています!更にお得に買取してもらえるチャンスです!

まとめ

ミスターニンテンドーどころかミスターテレビゲームとも言うべき活躍をしているマリオ。その傍らにはルイージもいるんだということを忘れないであげて下さい。彼も頑張っているんです。
レトログではマリオシリーズを初め、様々なゲームの買取を行っています。その他レトロゲームも高価買取していますので、ご自宅にあるレトロゲームを売りたいとお考えの方は是非レトログをご利用下さい!

他にもよく読まれている記事