大正桜に浪漫の嵐!セガの人気シリーズ「サクラ大戦」!

大正桜に浪漫の嵐!セガの人気シリーズ「サクラ大戦」!

皆さんはサクラ大戦はご存知でしょうか。今年の年末には「新サクラ大戦」の発売も控えているセガの人気アドベンチャーゲームです。舞台も超人気ですよね。
今回はそんなサクラ大戦シリーズについて紹介していきたいと思います。

サクラ大戦シリーズとは?

太正時代の日本を部隊としたアドベンチャーゲームです。名前は実在の年号と似ていますが、ちょっと違います。原作は「魔人英雄伝ワタル」や「天外魔境」などで知られる広井王子氏、脚本には「セイバーマリオネット」シリーズのあかほりさとる氏、キャラクターデザインは「テイルズオブ」シリーズの藤島康介氏など、名だたる面々が集まっており、セガのタイトルでは人気の高いシリーズです。

サクラ大戦シリーズの歴史を紐解く

今年の12月には14年ぶりに新作を発売する本シリーズ。

単なる恋愛シミュレーションにとどまらず、戦略シミュレーション要素も盛り込まれています。

そこに大正ロマンや勧善懲悪ものの世界観を取り入れ、シリーズが一旦途絶えた後も根強い人気を持ち続けていました。舞台公演はある意味2.5次元の先駆けだと思いますね。今回はそんなサクラ大戦の歴史を紹介していきたいと思います。

様々な要素を取り入れた特殊な世界観の始まり!「サクラ大戦~熱き血潮に~」

サクラ大戦/セガサターンソフト

時は太正時代。霊力と呼ばれる特殊な力で動く「霊子甲冑」を操り、平和を脅かす者たちから弱きものを守る「華撃団」の隊長となった「大神一郎」。表向きは歌劇団として活動している少女たちですが、いざ都に脅威が迫れば「帝国華撃団・花組」として立ち向かいます。大神はそんな彼女たちをまとめていくこととなったのです。

まず世界観は大正ロマンをベースにしており、そこに演劇やロボット、歌謡曲、恋愛といった様々な要素が盛り込まれており、単なるアドベンチャーゲームにとどまらない面白さがあります。

というかギャルゲーと思って軽々しく手を出すとびっくりするかもしれません。

とにかくどのキャラクターも個性的で、キャラが立っています。

メインヒロインである「真宮寺さくら」をはじめ、自称さくらのライバル「神崎すみれ」、男装の麗人「マリア・タチバナ」、天真爛漫な少女「イリス・シャトーブリアン」、眼鏡っ娘で天才メカニック「李紅蘭」、大柄で頼りになる姉御肌「桐島カンナ」とどれも魅力的。

主人公の大神一郎も、生真面目で個性の強い面々に振り回される2枚目半~3枚目的な部分もありますが、いざとなればカッコ良く決めてみせる姿はまさに主人公。だからでこそ愛される主人公。プレイヤーの選択肢次第では変態にさせられるのもまた主人公らしい。

恋愛シミュレーションとしてもそこまで難しくなく、ゲーム初心者でもとっつきやすいので、まさにシリーズ1作目にふさわしい出来です。

前作の作風を据え置きにしつつ、更にボリュームアップ!「サクラ大戦2~君、死にたもうことなかれ~」

サクラ大戦2/セガサターンソフト

正統な続編ということで、前作で登場したキャラクターもそのまま続投し、そこに新たなヒロインが登場しました。

プライドは高いが、その裏側は陽気な性格のイタリア貴族出身「ソレッタ・織姫」、少年に見えるが、クールな女の子、そしてボクっ娘属性持ち「レニ・ミルヒシュトラーセ」の2人です。

本作は前作で少しあっさり気味だったシステムが改良され、アドベンチャーゲームとしても、シミュレーションゲームとしても面白くなりました。LIPSと呼ばれる選択肢に関するシステムはいろいろなパターンが増え、様々な会話が展開されるようになりました。

また、主人公である大神の性格ゲージが設定され、硬派と軟派のどちらかに変動していくようになりました。

これはプレイヤーがどういった行動を取るかで変わってきます。これらのシステムは後のシリーズの基礎となりました。また、所謂サブキャラも多く登場し、中には非常に濃いキャラクターもいます。

サクラ大戦はこういうサブキャラも含めて魅力的なキャラが多いなとつくづく思います。

個人的な見所としては、ヒロインとの合体攻撃シーンですね。台詞と共にムービーのような形で大神とヒロインのカットインが入るのですが、中には強烈なインパクトのものもあり、是非見てほしいです。

ちなみにCMもなかなかのインパクトで、さくら役を演じる横山智佐氏とせがた三四郎(当時のセガサターンのCMキャラクター)を演じる藤岡弘氏が桜が舞い散る森の中でおいかけっこをするという強烈なものでした。まさかのコラボ。「さくらさぁ~ん」「こっちよ~」

後に3DS「プロジェクトクロスゾーン」にてこのCMを彷彿とさせるシーンが再現されていてびっくりです。

ハードをドリキャスへ移し、舞台も巴里へ「サクラ大戦3~巴里は燃えているか」

サクラ大戦3/ドリームキャストソフト

1、2と人気を博したサクラ大戦シリーズですが、セガサターンの次世代機ドリームキャストへとハードを移し、新たな物語が始まります。

主人公は引き続き大神一郎が務めますが、舞台は軍の派遣留学という設定で巴里へと向かうことになりました。帝国華撃団・花組を隊長として率いて、数々の戦果を上げた大神を、新たな部隊「巴里華撃団・花組」の隊長とするために巴里へと派遣されたのです。

巴里華撃団の面々が本作のヒロインになります。人数は5人と少し減ったものの、前作に負けない個性的なキャラクターばかりです。

明るく前向きなドジっ娘シスター「エリカ・フォンティーヌ」、プライドの高い名門貴族のお嬢様「グリシーヌ・ブルーメール」、明るいしっかりもののボクっ娘「コクリコ」、あらゆる罪を犯してきた囚人「ロベリア・カルリーニ」、奥ゆかしき大和撫子「北大路花火」と、こちらもまた魅力的なキャラクターばかり。

とはいえ本作のラストは、大神が再び帝都へと帰還するシナリオで、本作のヒロインとは結ばれることはありません。なんだか切ない感じのラストになります。しかし、一生会えないような雰囲気でもなく、決して悲しい別れをするわけではないのがまたいい感じなんですよね。

主人公大神一郎としてはシリーズ最後となる大団円「サクラ大戦4~恋せよ乙女」

サクラ大戦4/ドリームキャストソフト

舞台は再び帝都へと戻ります。帝国華撃団・花組が帝都防衛の任を務める中で、敵の未知なる能力の前に苦戦する大神たち。窮地に追い込まれた大神たちの前に現れたのは、大神と共に戦ってきた巴里華撃団・花組の面々。帝国華撃団と巴里華劇団が力を合わせて悪に立ち向かう。まさにシリーズ最終章にふさわしい熱い展開ですね。

ということで、1、2で登場した8人のヒロインと、3で登場した5人のヒロインが本作のヒロインとなります。

13人の登場はシリーズの集大成といってもいいでしょう。オープニングやエンディングの演出はこれまでのシリーズをプレイしてきた人たちいとっては感涙ものです。

本作をプレイするからには1~3は是非プレイしてほしいところですね。ボリュームはこれまでと比べると少し控えめですが、それを気にさせないような演出ばかりです。エンディングはマジで泣きました。

キャラクターも一新!新たなサクラ大戦「サクラ大戦5~さらば愛しき人よ」

サクラ大戦5/プレイステーション2ソフト

前作で大団円を迎えたサクラ大戦シリーズ。

ハードをPS2へと移し、新たな舞台「紐育」で、新たな主人公「大河新次郎」。大河は大神の甥にあたり、大神とは違って小柄な少年といった感じです。性格は大神同様真面目ではあるものの、どこか頼りない感じがしますね。

ちなみに彼はその見た目から、女装をさせられて「プチミント」という女優を演じることになってしまいます。

そして新たなヒロインたちもまた個性的な面子がそろっています。日本を愛するダジャレ好き妄想ガール「ジェミニ・サンライズ」、元暴走族で弁護士、頼もしい姉御肌「サジータ・ワインバーグ」、明るく陽気な元賞金稼ぎ「リカリッタ・アリエス」、余命残りわずかながらも優しく戦う「ダイアナ・カプリス」、謎多き天才「九条昴」

主人公である大河はまだまだ未熟で、個性的なヒロイン達と共に戦うことで成長していくというストーリーです。主人公の交代はちょっとさびしかったですが、大河の成長物語もまたとてもしっかりとしており、これまでとはまた違ったサクラ大戦が楽しめます。なんだかんだ軟派な選択肢も選べるし。やっぱり大神の系譜ということですかね。

同時期に発売された有名タイトルはどんなのがある?

サクラ大戦 セガサターン版 1996年9月27日
プレイステーションではタカラの「にとうしんでん」が同じ月に発売
セガサターンではカプコンの「ストリートファイターZERO2」が同じ月に発売
スーパーファミコンではデータイーストの「マジカルドロップ2」が同じ月に発売

サクラ大戦2 セガサターン版 1998年4月4日
プレイステーションではタイトーの「Gダライアス」が発売
64ではハドソンの「ボンバーマンヒーロー ミリアン王女を救え!」が同じ月に発売
セガサターンではバンダイの「機動戦士ガンダム ギレンの野望」が同じ月に発売

サクラ大戦3 ドリームキャスト版 2001年3月22日
ドリームキャストではセガの「セガガガ」が同じ月に発売
プレイステーションではコナミの「ときめきメモリアル2 対戦ぱずるだま」が同じ月に発売
ゲームボーイではタイトーの「ザ・ブラックオニキス」が同じ月に発売

サクラ大戦4 ドリームキャスト版 2002年3月21日
ドリームキャストでは「サクラ大戦 COMPLETE BOX」が同じ日に発売
プレイステーションではバンダイの「ONE PIECE グランドバトル2」が同じ月に発売
プレイステーション2ではスクウェアの「キングダム ハーツ」が同じ月に発売

サクラ大戦5 プレイステーション2 2005年7月7日
プレイステーション2ではスクウェアの「ファイナルファンタジーⅪ」が同じ月に発売
ゲームキューブでは任天堂の「スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール」が同じ月に発売

サクラ大戦シリーズの全タイトルの買取価格を大公開

ここまで歴史についてご紹介してきましたが、次は気になるサクラ大戦シリーズの買取価格を大公開!

セガサターン版

サクラ大戦1,2 10円
1,2限定版 10円

ドリームキャスト版

サクラ大戦1~3通常版 10円
サクラ大戦2 限定版 134円
サクラ大戦3 限定版A 204円
サクラ大戦3 限定版B 219円
サクラ大戦3 初回限定版 255円
サクラ大戦 電幕倶楽部 278円
サクラ大戦4 通常版、限定版 10円
サクラ大戦コンプリートボックス 2,200円
ドリームキャストサクラ大戦モデル 5,068円
DCコントローラサクラ大戦モデル 702円

PS2版サクラ大戦Ⅴ 10円

サクラ大戦GBシリーズ

GB ポケットサクラパック 390円
GB檄 マリアパック 368円
GB檄 すみれパック 327円
GB檄 さくらパック 384円
GB檄 アイリスパック 281円
GB檄 紅蘭パック 415円
GB2サンダーボルト 10円
GB2サンダーボルト 初回限定版 172円

サクラ大戦シリーズを売るにはどの方法が一番おすすめ?

いざ「捨てるのはもったいない!買取してもらおう!」と思っても、「どこで売るのがいいんだろう…」と思いますよね。一言でレトロゲームを売ると言っても、実店舗やネット買取という括りだけでなく、最新ゲームを中心に取り扱っている店舗など、お店によってもその性質は様々です。今回は様々な買取サービスの比較をしていきます!

リサイクルショップで売る

「処分するくらいなら売ろうかな」と考えた場合、リサイクルショップに売るのは候補の一つです。

ゲーム以外にも扱っているので他にも処分したいものがあれば一度に処分することができます。

ただし、ゲームを専門としていないので、買取価格には期待できない場合が多いです。

また、レトロゲームを買取対象外としているところもあるので注意が必要です。

注意したい点として、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

持っていくだけで売れる、その場で現金化できるという利点がありますが、買取価格が安い、大量の場合持っていくのが面倒、レトロゲームの場合は買取不可の場合があります。

近所のゲームショップで売る

「ゲーム機なんだからゲームショップに売ればいいじゃん」と考える方も多いと思います。
ゲームショップによっては得意なゲームと不得意なゲームがあるので、事前にどんなゲームが得意なのか調べておく必要がありますね。
また、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。
たいてい新しいゲームは良い買取価格がつきますが、レトロゲームは買取対象外の場合があります。

オークションで売る

オークションもフリマアプリ同様、ゲーム機を売ることが出来る方法です。

オークションであれば、価値がわからなくても勝手に値段がつり上がってくれることもあります。タイミングによってはほとんど入札が入らず終わる場合もありますね。

フリマアプリで売る

フリマアプリで売ることも候補の一つだと思います。フリマアプリであれば、自分で価格を設定することが出来るので、お金の面を考えると一番良い方法かもしれません。
ただし、出品準備、価格交渉、梱包発送などやることが多くて面倒、手数料が取られるという問題があります。”

宅配買取で売る

宅配買取では、簡単ですぐに申し込めることが出来ます。結果も全てネットでわかるようになっているので、全て家で完結することが出来ます。
その他にも買取価格アップや、送料不要などキャンペーンも豊富です!

レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由

ここまでサービスの比較をご紹介しましたが、レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由をご紹介します!

古いゲームに特化しているため古いゲームの高価買取が可能

レトログではレトロゲームに特化していますので、通常のゲームショップでは買取できないような古いゲームでも買取が可能となっています。また、ある程度古いものだと理解していますので、少しの汚れで大きく減額となることは少ないです。

送るための緩衝材やダンボールが無料で貰える

レトログではゲームを入れるためのダンボールや緩衝材を申し込む際に無料で貰えます!「丁度いい箱がない…」というような場合でも大丈夫です!

独自のキャンペーンがあり、該当すれば買取価格がアップ

レトログでは「自分で箱を用意した方は査定額+500円UP」のキャンペーンと「値段がつかないものでも最低価格10円保証」という独自のキャンペーンを行っています!更にお得に買取してもらえるチャンスです!

まとめ

いかがでしょうか。この当時のアドベンチャーゲームの中でもサクラ大戦は頭一つ抜けた人気がありました。それ故に一度シリーズが終結すると舞台で発表した際には観客が抗議して帰らなかったというエピソードがあります。「新サクラ大戦」の発表はファンからすればとても喜ばしい出来事だったに違いありません。

レトログではサクラ大戦を初め、様々なゲームの買取を行っています。その他レトロゲームも高価買取していますので、ご自宅にあるレトロゲームを売りたいとお考えの方は是非レトログをご利用下さい!

他にもよく読まれている記事