格闘ゲームの最高峰!カプコンの人気シリーズ「ストリートファイター」シリーズ!

格闘ゲームの最高峰!カプコンの人気シリーズ「ストリートファイター」シリーズ!

今やeSportsの一つとして世界大会が行われているほどの人気格闘ゲーム「ストリートファイター」。元々はアーケードゲームでしたが、その人気から家庭用でも沢山のソフトが発売されています。今回はそんな「ストリートファイター」シリーズについてご紹介します。

「ストリートファイター」シリーズとは?

元々は1987年に稼働開始されたアーケードゲームです。

この頃はまだシステムもその他の作品とは異なり、押したボタンの強さで技の強弱が変化するという特殊なもので、ボタンを「叩く」という今ではなかなか見られないような感じのゲームでした(もちろん格ゲーという面では他のシリーズと変わらないのですが)。

「ストリートファイター」シリーズの歴史を紐解こう

ライトな層でも格ゲーといえば「ストリートファイター」と答えるのではないでしょうか。

知名度抜群の「ストリートファイター」ですが、今回はそんな「ストリートファイター」シリーズの歴史についてご紹介していきたいと思います。

人気シリーズの源流!「ストリートファイターⅡ」シリーズ

ストリートファイターⅡ/スーパーファミコンソフト

「ストリートファイター」シリーズがここまでの人気になったのはやはり本作からでしょうね。当時はまだまだ「ゼビウス」、「グラディウス」のようなシューティングゲームがアーケードでは人気でしたが、この「ストリートファイターⅡ」の登場により、アーケードゲーム界の流れに多大な影響を与えました。

今や様々な格ゲーで取り入れられている基本システムはこの「ストⅡ」で確立されたといっても過言ではありません。

方向レバーとパンチボタン、キックボタンを組み合わせることで出せる必殺技や、「打撃に対してガード」「ガードに対しては投げ」「投げに対しては打撃」といった相性、今となってはキャラの個性の一つとなっている飛び道具と投げ技、突進技を兼ね備える通称「三種の神器」持ちは主人公というのもこの「ストⅡ」が初です。

キャラクター毎にきちんと性能が分かれており、使いやすいキャラからピーキーなものまで揃っているのはこの当時としては非常に画期的だったのです。しかも性能だけでなく、見た目や設定もとても特徴的です。インド人の間違ったイメージを広めてしまったダルシムとか。他にも様々な面で今の格ゲーに受け継がれているシステムがありますが、それもこの「ストⅡ」が基です。
最初はプレイアブルが8人の格闘ゲームでしたが、上記のシステムや特徴で人気を集め、キャラクターを追加し、更にシステムを改良した様々なバージョンがリリースされていきます。

アニメ絵による新たなシリーズ「ストリートファイターZERO」シリーズ

ストリートファイターZERO/プレイステーションソフト

「ストⅡ」はダッシュやスーパーなど様々なバージョンアップを経てストーリーも続いていましたが、「ストⅡX」を以って完結しました。その次に新たなシリーズとして稼働開始となったのが「ZERO」です。

キャラクターの設定に関する部分が深く掘り下げられ、単なる格ゲーとしてだけではなく、ストーリーや性能などを除いたキャラクターのイメージ付けという部分はこの「ZERO」シリーズで構築されていきました。

また、「ZEROカウンター」「オリジナルコンボ」「ISM」システムなど、非常にテクニカルな部分が要求される部分も増えてきました。

そして一番の注目はなんと言っても別シリーズのキャラクターや、従来の「ストⅡ」ではサブ扱いであったキャラクター達を本格的に参戦させたことですね。カプコンの人気ベルトスクロールアクション「ファイナルファイト」シリーズのガイやコーディーの登場は個人的にはかなり驚きましたね。

あとはストリートファイター全体を通しても人気の高い春日野さくらも「ZERO」シリーズで初登場となります。さくらは当初カプコンの社内でも相当揉めた上での登場だったらしいです。とはいえ硬派な雰囲気の強い格ゲー界には必要な新風だったと思います。とはいえなんでずっとシリーズ続いてもセーラー服着てるのかは謎でしたが…

開発元が変わり、3Dグラフィック化!「ストリートファイターEX」シリーズ

ストリートファイターEX Plus α/プレイステーションソフト

「ストⅡ」に携わってきたスタッフの一人である西谷亮氏が新たに立ち上げた会社「アリカ」が制作したストリートファイターシリーズです。この当時続々と出てきていたポリゴンによる3Dグラフィックゲームですが、本作もその一つです。

グラフィックこそ3Dに変わったものの、基本的には「ストⅡ」で築き上げてきたシステムをベースにしているので、操作の感覚もさほど変わらずにプレイすることが出来ます。

それでいて新たなシステムも従来のゲーム性を損なわないように組み込まれています。中でもスーパーコンボゲージを使う必殺技を出している最中に更にゲージを使ってキャンセルするスーパーキャンセルは新たな駆け引きを生んだ良システムです。

シリーズを重ねる毎に大技も増えていくのですが、それでいて大味になってしまうこともなく、格ゲーらしさをとことん追求していったシリーズともいえますね。メーカーは違いますが、このシリーズを見たあとにKOF94~97サムスピを見ると大味な場面にびっくりします。

読み合いと精密なテクが奇跡を呼ぶ「ストリートファイターⅢ」シリーズ

ストリートファイター3 3rdStrike/ドリームキャストソフト

当初(1stや2nd)はこれまでのシリーズで登場してきたキャラクターがほとんどいなくなって一新された上に、操作やシステムも結構なレベルで変化したため、プレイヤーからは敬遠されがちという不遇の作品でした。

しかし、3作目である「3rd STRIKE」ではシステム面での調整が加えられ、「ストⅡ」とはまた違った駆け引きが生まれるようになりました。

中でも特徴的なのは、「ブロッキング」でしょう。通常のガードとは異なり、タイミングよくガードすると発動し、削りダメージも受けずに相手に硬直を与えます。ブロッキング自体は1stからあったのですが、状況が限られており、活かしにくいものでした。

3rdではそれが変化し、赤ブロとよばれるガードブロッキングが可能となりました。通常のガード中でも使えるブロッキングです。タイミングは更に厳しくなっていますが…

このブロッキングが有名なのは、格ゲー界でも超有名なプレイヤー「ウメハラ」氏による「背水の逆転劇」ですね。

1発でもガードすればHPが削られて負ける状況で春麗の「鳳翼扇」によるコンボの15段を全て連続でブロッキングし、逆にケンの最大コンボを当てて勝利するという劇的なものでした。大会で生で見た人はしびれたでしょうね。

Ⅲから約10年ぶりの新作「ストリートファイターⅣ」

ストリートファイターⅣ/プレイステーション3ソフト

Ⅲの3rd以降はマブカプや、カプエスといったお祭り系の格ゲーがしばらく出ていたことや、3rdにも根強いファンがいたことで、カプコンはアーケードからしばらく身を引いている状態でした。そんな中で水面下で開発が続けられ、原点回帰を謳って登場したのが「ストリートファイターⅣ」です。

ストⅡで使われていたキャッチコピー「俺より強い奴に会いに行く」を意識し、「俺より強いやつは出てきたか」とつけられました。ストⅡに魅せられたファンにとってはたまらないでしょうね。

原点回帰ということもあり、基本的には「ストⅡ」を意識したものとなっています。その中で、3rdで使われていた投げ系やEX必殺技システムとウルトラコンボとセービングアタックなどの新しいシステムを取り入れています。

上級者などに立ち向かうためには非常に細かいテクニックを習得する必要はありますが、それがなくてもある程度はプレイできるようになっており、初心者から上級者まで幅広く遊べるような調整がなされています。続編というよりかは正統な進化を遂げたといった方がいいかもしれませんね。

ちなみに一時引退も囁かれていたウメハラ氏は本作で再び活動を再開し、オンラインでの勝率は90%をキープし続けるほどの腕前を見せました。

同時期に発売された有名タイトルはどんなのがある?

ストリートファイターも様々なシリーズがありますが、代表的な作品が発売されたときに他に発売されたタイトルについてご紹介していきたいと思います。

ストリートファイター2 スーパーファミコン版 1992年6月10日
スーパーファミコンではタイトーの「キャメルトライ」が同じ月に発売
PCエンジンではナムコの「ドルアーガの塔」が同じ月に発売
メガドライブではゲームアーツの「LUNAR ザ・シルバースター」が同じ月に発売

スーパーストリートファイター2 スーパーファミコン版 1994年6月25日
スーパーファミコンではファルコムの「ぽっぷるメイル」が同じ月に発売
PCエンジンではNECの「コズミックファンタジー4」が同じ月に発売
メガドライブではタカラの「餓狼伝説2」が同じ月に発売

ストリートファイターZERO プレイステーション版 1995年12月22日
プレイステーションではアトラスの「ガンバード」が同じ月に発売
スーパーファミコンではエニックスの「ドラゴンクエストⅥ」が同じ月に発売
セガサターンではデータイーストの「マジカルドロップ」が同じ月に発売

ストリートファイターEX plus α プレイステーション版 1997年7月17日
プレイステーションではアスキーの「ダービースタリオン」が同じ日に発売
セガサターンではテクノソフトの「サンダーフォースV」が同じ月に発売
64ではイマジニアの「マルチレーシング チャンピオンシップ」が同じ月に発売

ストリートファイターIII 3rd STRIKE ドリームキャスト版 2000年6月29日
プレイステーションではソニーの「ぼくのなつやすみ」が同じ月に発売
64では任天堂の「エキサイトバイク64」が同じ月に発売
ドリームキャストではセガの「ジェットセットラジオが」同じ月に発売

ストリートファイターⅣ プレイステーション3版 2009年2月12日
プレイステーション3ではセガの「龍が如く3」同じ月に発売
Wiiではカプコンの「デッドライジング ゾンビのいけにえ」が同じ月に発売
XBOX 360ではアリカの「怒首領蜂 大往生 ブラックレーベルEXTRA」が同じ月に発売”

ストリートファイターシリーズの全タイトルの買取価格を大公開

ストリートファイター2シリーズ

スーパーファミコン版
無印 10円
ターボ 117円
スーパー 250円

メガドライブ版
ダッシュプラス 375円
スーパー 729円

PCエンジン
ダッシュ 327円

3DO
ⅡX 243円

ドリームキャスト
ⅡX for マッチングサービス 13,000円

プレイステーション2
ハイパーアニバーサリーエディション 159円
スペシャルアニバーサリーパック 2,464円
ヴァンパイアダークストーカーズ 416円

ストリートファイターZEROシリーズ

プレイステーション
ZERO 10円
ZERO2 10円
ZERO3 133円

セガサターン
ZERO 163円
ZERO2 10円
ZERO3 8,000円
ZERO3RAM同梱版 16,000円

スーパーファミコン
ZERO2 1,800円

ドリームキャスト
ZERO3 266円
ZERO3 for マッチングサービス 3,500円

ゲームボーイアドバンス
ZERO3 ダブルアッパー 1,735円

ストリートファイターEXシリーズ

プレイステーション
EX Plus α 164円
EX2 Plus 240円
EX3 10円

ストリートファイターⅢシリーズ

ドリームキャスト
ダブルインパクト 399円
3rd Strike 387円

プレイステーション2
3rd Strike 149円
3rd Strike 限定版 3,292円

ストリートファイターⅣシリーズ

プレイステーション3
スーパー 10円
ACエディション 10円
ウルトラ 165円
ウルトラコレクターズパッケージ 619円

その他ハード
3DS版、XBOX360版 10円

ストリートファイターシリーズを売るにはどの方法が一番おすすめ?

いざ「捨てるのはもったいない!買取してもらおう!」と思っても、「どこで売るのがいいんだろう…」と思いますよね。一言でレトロゲームを売ると言っても、実店舗やネット買取という括りだけでなく、最新ゲームを中心に取り扱っている店舗など、お店によってもその性質は様々です。今回は様々な買取サービスの比較をしていきます!

リサイクルショップで売る

「処分するくらいなら売ろうかな」と考えた場合、リサイクルショップに売るのは候補の一つです。

ゲーム以外にも扱っているので他にも処分したいものがあれば一度に処分することができます。

ただし、ゲームを専門としていないので、買取価格には期待できない場合が多いです。

また、レトロゲームを買取対象外としているところもあるので注意が必要です。

注意したい点として、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

持っていくだけで売れる、その場で現金化できるという利点がありますが、買取価格が安い、大量の場合持っていくのが面倒、レトロゲームの場合は買取不可の場合があります。

近所のゲームショップで売る

「ゲーム機なんだからゲームショップに売ればいいじゃん」と考える方も多いと思います。

ゲームショップによっては得意なゲームと不得意なゲームがあるので、事前にどんなゲームが得意なのか調べておく必要がありますね。

また、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

たいてい新しいゲームは良い買取価格がつきますが、レトロゲームは買取対象外の場合があります。

オークションで売る

オークションもフリマアプリ同様、ゲーム機を売ることが出来る方法です。

オークションであれば、価値がわからなくても勝手に値段がつり上がってくれることもあります。タイミングによってはほとんど入札が入らず終わる場合もありますね。”

フリマアプリで売る

フリマアプリで売ることも候補の一つだと思います。フリマアプリであれば、自分で価格を設定することが出来るので、お金の面を考えると一番良い方法かもしれません。

ただし、出品準備、価格交渉、梱包発送などやることが多くて面倒、手数料が取られるという問題があります。

宅配買取で売る

宅配買取では、簡単ですぐに申し込めることが出来ます。結果も全てネットでわかるようになっているので、全て家で完結することが出来ます。

その他にも買取価格アップや、送料不要などキャンペーンも豊富です!

レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由

ここまでサービスの比較をご紹介しましたが、レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由をご紹介します!

古いゲームに特化しているため古いゲームの高価買取が可能

レトログではレトロゲームに特化していますので、通常のゲームショップでは買取できないような古いゲームでも買取が可能となっています。また、ある程度古いものだと理解していますので、少しの汚れで大きく減額となることは少ないです。

送るための緩衝材やダンボールが無料で貰える

レトログではゲームを入れるためのダンボールや緩衝材を申し込む際に無料で貰えます!「丁度いい箱がない…」というような場合でも大丈夫です!

独自のキャンペーンがあり、該当すれば買取価格がアップ

レトログでは「自分で箱を用意した方は査定額+500円UP」のキャンペーンと「値段がつかないものでも最低価格10円保証」という独自のキャンペーンを行っています!更にお得に買取してもらえるチャンスです!

まとめ

いかがでしょうか。アーケードで人気を博したということもあり、家庭版でも沢山の移植が行われていますね。なかには相当なプレミアがつくものもあります。

今も尚世界大会が行われている人気シリーズですが、ぜひこれからもeSportsの発展に繋げて欲しいと思います。

レトログではストリートファイターを初め、様々なゲームの買取を行っています。その他レトロゲームも高価買取していますので、ご自宅にあるレトロゲームを売りたいとお考えの方は是非レトログをご利用下さい!

他にもよく読まれている記事