PC原人

商品詳細

商品画像

PCエンジンソフト/PC原人

タイトル

PC原人

ハード

PCエンジン

ジャンル

アクション

メーカー

ハドソン

レトログ買取価格

1,500円

商品詳細

PC原人」は、1989年12月15日にハドソンより発売されたアクションゲームです。元々小学館の「月刊PCエンジン」で連載されていた4コマ漫画を原作としています。

タイトルの由来はPCエンジンをもじったダジャレですが、PCの読み方は「ピテカントロプス コンピュータウルス」です。

メインの攻撃が頭突き(ボンク攻撃)であったり、敵キャラクターも原始時代の恐竜をモチーフにしたものが多く、個性的でユーモアのある世界観が特徴的です!

続編で次第に世界観が変わっていくのも面白かったですね。

また本作は、PCエンジンでのアクションゲームで最大のヒットを記録し、ファミコンの「FC原人」、ゲームボーイの「GB原人」、スーパーファミコンの「超原人」と他機種展開されています。

ゲーム芸人フジタからのコメント

ゲーム芸人フジタ
ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、様々なハードで原人シリーズは出ています。このPCエンジンを捩った初代原人こそPCエンジンの代表的アクションゲームといっても過言ではないでしょう。コロコロの漫画になるほど人気で、続編も高橋名人の冒険島並に立て続けに発売されました。

パッケージデザインも高橋名人が担当したが、今のスキンヘッドの名人はまさに、PC原人。

作品から想像するとおり、舞台は原始時代風です。主人公原人の頭突きの攻撃や、色々な頭突きを使い分けで進んでいきます。操作に癖はありますが、慣れると爽快になっていき、原人のコミカルな動きやキャラはかわいいと言っても過言ではないので今の子供も取っ付きやすいはずです。

ただ、今のゲームほど簡単でも親切でもなく、同じシリーズでもファミコンやPCエンジンとスーファミを比べると、スーファミの親切さは格段に上がっているので、忍耐力を鍛えるという意味では、初代原人をゆとり世代にぜひやらせてあげたいですね。

数あるPCエンジンの原人シリーズの中ではそれほどレアではない初代が、今回の買取額アップ対象!

この作品は当時触れていた方も多く、実家にあるなんて事も多いことだろうと思います。多分。

別のゲームも見てみる

今すぐ査定お申込み

他にもよく読まれている記事