説明不要の超有名国民的RPG「ドラゴンクエスト」!

説明不要の超有名国民的RPG「ドラゴンクエスト」!

ファミコンで初めてRPGゲームとして登場した「ドラゴンクエスト」。恐らく日本で一番有名なRPGなのではないでしょうか。オープニングなどで使われる「序曲」はCMなどでも多く使われるので、ゲームは知らないけどこの曲は知ってるという人もいると思います。今回はそんな「ドラゴンクエスト」についてご紹介していきたいと思います。

「ドラゴンクエスト」シリーズとは?

今では様々なシステムのRPGがありますが、ドラクエはそんな中でも基本スタイルは昔と大きくは変わっていません。たたかうコマンドや呪文コマンド、特技コマンドを選んで敵を倒すのが基本です。ドラゴンボールなどで有名な「鳥山明」氏がキャラクターデザインを担当しており、個性的な敵も多いですね。

「ドラゴンクエスト」シリーズの歴史を紐解こう!

もはや説明不要の超有名ゲームとなった本シリーズ。今回はそんな「ドラクエ」シリーズの歴史を簡単にご紹介していきたいと思います。

オーソドックスなシステムながらも絶妙なバランス「ナンバリングドラクエ」シリーズ

ドラゴンクエスト/ファミコンソフト

ドラクエにも様々な派生シリーズがありますが、シリーズを代表するのはやはりナンバリングシリーズでしょう。

たたかうや呪文や特技、アイテムを駆使するのはどのナンバリングでも変わりませんが、実は初代では特技が存在せず、戦うと呪文とアイテムしかありませんでした。しかも主人公だけの冒険で、敵も1体ずつしか出ません。

2以降は仲間も増え、シリーズによってはモンスターを仲間にすることも出来ます。どのシリーズでも大体ラスボスは魔王なのも特徴ですね。初代は魔王といっていいかは微妙なところですが。

なかには正々堂々ではない狡猾な魔王もいますね。6のデスタムーアなんかは人間を追い詰めるために徹底した手段をとってきます。自分を脅かす存在を封印したり、夢や希望を奪っていくなど。ダークドレアムにボコボコにされるけど…

ドラクエは呪文の名前も特徴的ですよね。他のRPGにはないネーミングで、今となってはいかにもドラクエっぽいという気がします。メラメラメラ燃えるからメラというそうですよ。

職業システムも外せませんね。3で初登場して4、5で消えて6で復活して8でまた消えて9で復活と結構目まぐるしいですが。

4,5では転職こそできないものの、肩書が職業のような感じになっているので印象は薄くありません。戦士や武闘家といった物理攻撃系から、魔法使いといった魔法系、サポートに特化した僧侶などはシリーズおなじみです。

そして、なかにはモンスターに転職できるシリーズもあります。しかもフィールド上の見た目もモンスターになるシリーズもあります。どういう仕組みなんでしょうか…場合によっては街に魔物が平然と歩くシュールな光景も見られます。

とまあ結構変わった要素も多いのがドラクエの面白いところですよね。

モンスターを仲間にして冒険!「モンスターズ」シリーズ

テリーのワンダーランド/ゲームボーイソフト

本シリーズはドラクエ6のキャラクター「テリー」を主人公にした「テリーのワンダーランド」シリーズが最初です。

ナンバリングシリーズでもモンスターは仲間に出来ましたが、人間キャラと同じように成長していき、育成するというよりかは一緒に修行すると言ったほうが近いですね。仲間にできる種類もかなり限定されていましたし。

本作では沢山の種類のモンスターを仲間にすることができ、モンスターだけでパーティを組んで冒険するというシステムです。「なんと〇〇がおきあがりなかまになりたそうにこちらをみている。」のメッセージはおなじみですね。

そしてナンバリングにはない育成方法としては「配合」ですよね。モンスター同士をかけあわせて新しいモンスターが生まれるシステムです。組み合わせによって様々なモンスターが生まれたりし、自分でいろいろな組み合わせを見つけていく必要があります。これがまた奥深い。

配合の果てにはシリーズのラスボスまで仲間になるのはびっくりです。大丈夫かこの世界。通信して対戦するのも醍醐味です。このあたりはポケモンとも共通しますね。

ドラクエ4のあの商人がまさかの主人公「不思議のダンジョン」シリーズ

トルネコの大冒険/スーパーファミコンソフト

不思議のダンジョンといえば様々な媒体で登場していますね。風来のシレンしかりチョコボしかり、ポケモンしかり。世界樹の迷宮にもありますね。このシリーズの元祖は「トルネコの大冒険」なのです。

特徴としては、入るたびにダンジョンの構造が変化するという点ですね。落ちているアイテムの配置、隠された罠の配置、次の階への階段の配置、敵の配置などがランダムで決定します。

そしてRPGといえば武器と防具やアイテムがあるものですが、本作では大体現地調達です。これらを集めるよう意識しないと敵にボコボコにされます。

とはいえこれらの出現もです。「結構探したけど武器がない」とかもフツーにあり得ます。

他にもHP以外に満腹度というステータスがあり、これが0になるとHPがどんどん減っていきます。食料難もこのゲームの恐ろしさです。

そして、このゲームは完全なターン制で、1マス歩いたり、1度攻撃したりとあらゆる行動が1ターンとなっています。敵が近くにいた時には考えて動かないとエライ目に遭います。もちろんうまく立ち回れば一方的に追い込むこともできます。

ここまで聞くと難しいゲームだと思いますよね。実際難しいです。このゲームはターン経過の関係で考えて動かなければならないというシステムもさることながら、最終的には運が悪いとどうしようもないというところです。

運が悪ければ敵に対処できなくてやられる、敵の攻撃もいやらしいなど、死ぬ要因は様々です。

とはいえ、ランダム性が強いので、同じダンジョンをプレイしているという感覚がないことから、何度プレイしても飽きない中毒性がこのシリーズの魅力です。

トルネコはお宝に目がないという設定があるので、こうしたランダム性の高いダンジョンに眠るお宝とは相性がいいですよね。ドラクエにはこれ以上適したキャラが他にあまりいないですし。後に8のキャラクター「ヤンガス」が主人公となる作品も出てきます。

同時期に発売された有名タイトルはどんなのがある?

ドラゴンクエスト ファミコン版 1986年5月27日
ファミコンではニチブツの「セクロス」が同じ月に発売

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド 1998年9月25日
ゲームボーイではゲームフリークの「ポケットモンスター ピカチュウ」が同じ月に発売
プレイステーションではケイブの「怒首領蜂」が同じ月に発売
セガサターンではコナミの「幻想水滸伝」が同じ月に発売

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン 1993年9月19日
スーパーファミコンではスクウェアの「ファイナルファンタジーUSA」が同じ月に発売
ゲームボーイではイマジニアの「レミングス」が発売
メガドライブではトレジャーの「ガンスターヒーローズ」が同じ月に発売”

ドラゴンクエストシリーズの全タイトルの買取価格を大公開

ドラゴンクエスト1
ファミコン版 319円
MSX版 1,000円

ドラゴンクエスト2
ファミコン版 10円
MSX版 588円

ドラゴンクエスト3
ファミコン版 10円
スーパーファミコン版 10円
ゲームボーイ版 10円

ドラゴンクエスト4
ファミコン版 10円
導きの書 822円
PS版 10円
DS版 255円

ドラゴンクエスト5
スーパーファミコン版 10円
PS2版 10円
DS版 10円

ドラゴンクエスト6
スーパーファミコン版 10円
DS版 213円

ドラゴンクエスト7
PS版 10円
3DS版 170円

ドラゴンクエスト8
PS2版 10円
3DS版 765円

ドラゴンクエスト9
DS版 10円

テリーのワンダーランド
GB版 10円
3DS版 10円
3DS同梱版 1,000円

イルとルカシリーズ
ルカの旅立ち 10円
イルの旅立ち 10円
3DS同梱版 1,000円
PS版1.2 136円

トルネコの大冒険1
スーパーファミコン版 10円

トルネコの大冒険2
GBA版 298円
PS版 10円

トルネコの大冒険3
GBA版 757円
PS2版 10円

ドラゴンクエストシリーズを売るにはどの方法が一番オススメ?

いざ「捨てるのはもったいない!買取してもらおう!」と思っても、「どこで売るのがいいんだろう…」と思いますよね。一言でレトロゲームを売ると言っても、実店舗やネット買取という括りだけでなく、最新ゲームを中心に取り扱っている店舗など、お店によってもその性質は様々です。今回は様々な買取サービスの比較をしていきます!

リサイクルショップで売る

「処分するくらいなら売ろうかな」と考えた場合、リサイクルショップに売るのは候補の一つです。

ゲーム以外にも扱っているので他にも処分したいものがあれば一度に処分することができます。

ただし、ゲームを専門としていないので、買取価格には期待できない場合が多いです。

また、レトロゲームを買取対象外としているところもあるので注意が必要です。

注意したい点として、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

持っていくだけで売れる、その場で現金化できるという利点がありますが、買取価格が安い、大量の場合持っていくのが面倒、レトロゲームの場合は買取不可の場合があります。

近所のゲームショップで売る

「ゲーム機なんだからゲームショップに売ればいいじゃん」と考える方も多いと思います。

ゲームショップによっては得意なゲームと不得意なゲームがあるので、事前にどんなゲームが得意なのか調べておく必要がありますね

また、動くかどうか分からないゲームや故障しているゲームは買い取って貰えないこともあります。その場合は売れなかったゲームを家に持って帰ってきて、自分で処分する必要があります。

たいてい新しいゲームは良い買取価格がつきますが、レトロゲームは買取対象外の場合があります。

オークションで売る

オークションもフリマアプリ同様、ゲーム機を売ることが出来る方法です。

オークションであれば、価値がわからなくても勝手に値段がつり上がってくれることもあります。タイミングによってはほとんど入札が入らず終わる場合もありますね。

フリマアプリで売る

フリマアプリで売ることも候補の一つだと思います。フリマアプリであれば、自分で価格を設定することが出来るので、お金の面を考えると一番良い方法かもしれません。

ただし、出品準備、価格交渉、梱包発送などやることが多くて面倒、手数料が取られるという問題があります。

宅配買取で売る

宅配買取では、簡単ですぐに申し込めることが出来ます。結果も全てネットでわかるようになっているので、全て家で完結することが出来ます。

その他にも買取価格アップや、送料不要などキャンペーンも豊富です!

レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由

ここまでサービスの比較をご紹介しましたが、レトログの宅配買取をおすすめする3つの理由をご紹介します!

古いゲームに特化しているため古いゲームの高価買取が可能

レトログではレトロゲームに特化していますので、通常のゲームショップでは買取できないような古いゲームでも買取が可能となっています。また、ある程度古いものだと理解していますので、少しの汚れで大きく減額となることは少ないです。

送るための緩衝材やダンボールが無料で貰える

レトログではゲームを入れるためのダンボールや緩衝材を申し込む際に無料で貰えます!「丁度いい箱がない…」というような場合でも大丈夫です!

独自のキャンペーンがあり、該当すれば買取価格がアップ

レトログでは「自分で箱を用意した方は査定額+500円UP」のキャンペーンと「値段がつかないものでも最低価格10円保証」という独自のキャンペーンを行っています!更にお得に買取してもらえるチャンスです!

まとめ

最近ではドラクエ11のNintendo Switch版が発売されていますね。3部構成というシリーズを通しても珍しい作品です。細かいところでこれまでのシリーズの小ネタが仕込まれているので、ドラクエファンは是非プレイしてほしいですね。もうとっくにやってるだろという野暮なツッコミはなしで。

レトログではマリオシリーズを初め、様々なゲームの買取を行っています。その他レトロゲームも高価買取していますので、ご自宅にあるレトロゲームを売りたいとお考えの方は是非レトログをご利用下さい!

他にもよく読まれている記事