悪魔城ドラキュラ

商品詳細

コナミが初めてディスクシステム版で悪魔城ドラキュラを投入し、7年後の1993年にカセット版が発売されました。

当時は、アーケード版でヒットし、ファミコンへ移植される流れが一般的でしたが、こちらはその逆で、ファミコンからアーケード版への逆移植が行われました。

ファミコン時代をよく知る方なら、書き出しを読んだだけでおわかりでしょう。

そうです、1993年はファミコン超末期時代!人気タイトルといえど流通量は少なく、プレミア化しています。

1990年にはスーパーファミコンが発売されていたのでしょうがないですね。

どのソフトも個々でストーリーは簡潔しているので、初めて遊ぶ方でも入りやすいシリーズとなっています。

ちなみにこちらのソフトは海外でも発売されていました。タイトルは「キャッスルヴァニア(CastleVania)」

日本を遥かに凌ぐ人気を誇っています! 日本で開発されたソフトが、海外でも人気が高いのはなんだか嬉しいですね。

ゲーム芸人フジタのコメント

ファミコン版は勿論、アーケード版その他、動画でプレイしているゲームでは、ドラキュラが一番多いです。それほどやりまくったドラキュラシリーズの原点です。カセット版は難易度が選べましたが、僕にとっては必要なかったと言っても過言ではありません。

ムチという斬新な攻撃方法でしたが、一作目なので、動作はスーマリやロックマンと比べると重かったですね。

当時の子供が絶対つまずいていた死神ですが、とても強くかっこいいことが逆に魅力になっていました。

デフォルメされない、まっすぐな不気味さや怖さは僕は子供ながら好きでした。

(後にデフォルメされたドラキュラくんも、好きではありましたが。)

ディスク版は安価で良かったですが、読み込みやエラーが問題でした。

待ちに待ったカセット版でしたが、93年発売とスーファミど真ん中で、時すでに遅しという感じでした。

ファミコンが忘れかけられていた頃なので、当時購入したあなたは、このドラキュラも1,000円~2,000円で手に入れたのではないでしょうか。

商品画像

タイトル

悪魔城ドラキュラ

ハード

ファミリーコンピュータ

ジャンル

アクション

メーカー

コナミ

レトログ買取価格

7,500円

別のゲームも見てみる

今すぐ査定お申込み

他にもよく読まれている記事