レトロゲーム超買取強化キャンペーン

今だけの特別コラボ実施中

お申込みはこちら↓↓

レトロゲームの宅配買取ならレトログ

レトログは簡単便利な宅配買取サービスです。
届いたダンボールに商品を詰めて宅配業者に渡すだけ!

キャンペーン内容

最大20%UP

500円UPキャンペーン/買取価格保証キャンペーンとも併用可能

キャンペーン内容

暴れん坊天狗

暴れん坊天狗(ファミコン)

買取価格
4,300円 → 4,800
コメント
この作品の発売時には、大人気のゲームボーイやスーファミが既に発売されていて、ファミコンから次世代機に移行しつつあった時代でした。
名作ではあるのですが当時触れている人が少なかった作品でもあり、ファミコン後期に発売された名作は得てしてレアゲーでもあります。

この暴れん坊天狗は埋もれた名作、もしくはバカゲーとして再評価されている作品でもあります。僕もテレビ番組でも何回か紹介させていただき、地上波ゴールデンタイムの番組でも紹介させてもらった思い入れの深いゲームです。

日本の天狗がなぜかアメリカを助けるという設定で、巨大自由の女神や巨大マッチョじーさんと戦ったりと・・・設定はバカです。音楽も含めて中々作り込まれた奥深いシューティングゲームです。

自機が大きいのと、慣性でピタリと止まれない点、レーザーなどの一発瀕死、コンティニュー制限などが難易度を上げていますが、やればやるほど上達して楽しめるでしょう。

発売当時はスーファミに注目がいき過ぎていたので、このゲームがワゴンセールで売っていた時期もありました。買えたキミは超ラッキー! 押入れに眠っているかもしれません、今一度探してみましょう。
フジタコメント

ギミック(ファミコン)

買取価格
25,000円 → 26,000
コメント
サンソフトさんのファミコン後期の名作です。このギミックは発表やタイミングによっては歴史を大きく変えたと言っても過言ではないほど、クリエイターにも絶賛されている作品です。
発表の仕方によっては、マリオやカービィみたいに今もなお新作が出ていてもおかしくないクオリティと考えると非常に残念です。

当時のファミコン版だけだと、初心者やアクション苦手な方には取っ付きにくく、今の次世代機でも出していればユーザーに合わせていくらでも調整できたと思いますね。

サンソフトさんのファミコン後期作品は得てして、それほど注目されませんでした。理由は、当時はファミコンより次世代機がフィーチャーされていて、1990年代以降、そもそもファミコンをやっているユーザーが少なくなっていたからです。 しかし、近年再評価され、ゲームセンターCXでも取り上げられて、10年ほど前からメキメキニーズを伸ばしてきており、ファミコンソフトのうち最も貴重なソフトのトップ3になったと言っても過言ではありません。

きれいなグラフィックや素敵なサウンド、かわいらしいキャラとは裏腹に、やりごたえのあるアクションゲームで、且つクセもあるので難易度は高めです。今のゲームのように初心者にそれほど優しくはないので、アクションゲームが得意な方には特にすばらしさが分かる事でしょう。

この作品、保管を慎重に行っていても、ラベルの端がにじんだようになるのは普通なので減額しませんよ!
フジタコメント
ギミック
高橋名人の冒険島4

高橋名人の冒険島4(ファミコン)

買取価格
11,000円 → 13,000
コメント
ファミコンで発売された最後の作品としても有名なこの作品。1994年、PSが既に出ている中でファミコンで新作という意気込みは今考えると素晴らしいですね。
勢いで出したと高橋名人が言っており、極小ロットしか出回らなかったためご本人ですら数本しか所有していないそうです。僕はコレクターとして10本以上持っているので、忖度も兼ねてこの機会にレトログさんに1本送ってみたいです。

高橋名人の冒険島1はアーケード移植なので死ぬほど難しいというのは分かるのですが、2はアーケード移植でもないのにやはり死ぬほど難しく、「高橋名人の冒険島=死ぬほど難しいゲーム」というイメージが浸透しました。

セーブ機能もない当時、子供の手でクリアするには不可能とまで言われ、ゲームの上手い大人でもクリアまで20時間位要しました。子供だと40時間位は要したと思うので、ファミコンの電源を入れっぱなしで誰も触れない、僕の家みたいな環境でなければクリアは不可能と言っても過言ではない作品です。

3と4は、かなりマイルドになってやりやすくなりましたが、プロ達にとっては逆に拍子抜けするかもしれません。今は、次世代機でセーブもできるので、ゲームができれば良いという方はこの機会に売ってみても良いかもしれません。
フジタコメント

スーパーマリオUSA(ファミコン)

買取価格
800円 → 900
コメント
ほとんどの方がファミコンディスクシステムの夢工場ドキドキパニックでまずプレイしたと言っても過言ではないです。スーパーマリオUSAは後発なので、夢工場よりは操作性を始め諸々やりやすくなっています。
当時は夢工場の単にキャラ変えだけで、マリオと別枠のゲームと思い、深く考えていませんでした。しかし、アメトーーク!スーパーマリオ芸人でも紹介があったとおり、ベースゲームが夢工場とは言え、ピーチ姫が勇敢に戦う姿は必見です!

今までのマリオシリーズの「下から叩いて蹴る」、「上から踏む」とも違い、物を投げて攻撃するこのマリオは斬新でもあり取っ付きやすいシステムだと思います。スーパーファミコンのマリオコレクションにも収録されていますが、本家とは別にこのシステムで新作を出してもらいたい位です。 この作品から今も活躍するキャラが多々ある事を考えると、この逆輸入マリオ、あなどれない作品でしたね。

このソフト自体はそれほどレアではありませんが、僕が思い入れのあるアイテムとして高価買取にねじ込みました。
フジタコメント
スーパーマリオUSA
ゼルダの伝説1

ゼルダの伝説1(ファミコン)

買取価格
2,000円 → 2,300
コメント
最初は安価なディスクカードで発売されました。500円の書き換えはクソゲーをつかまされても書き換えればいいだろうと、ディスクカードは軽い気持ちで買えましたが、ゼルダは価格に対してボリューム感が半端ない大作に仕上がってしまいました。
ライトに安価なディスクカードを発売するコンセプトであったのに、安価でゼルダの大作を出してしまい、自らの首を締めてしまったと言われるほど一作目からの大作です!

グラフィックはファミコンのスペックの制限はあるものの、今でも十分通用するおもしろさです。ディスクカードだと、迷宮前の読み込みや意図せず入らされてもその都度読み込みがありますが、カセット版はそのストレスもなく、ヒントブックも封入されたのでよりライト層を取り込んだ作品と思います。

全部のマスをローソクで燃やしたり、爆弾で爆発させたりするのは、アトランチスの謎での、全てのマスでの爆死や飛び降りと同じなのに、ベースの作り込みや見せ方により、世間からの見え方がこのように変わるのかと驚きました。スタンダードなネタでも、見せ方によって変わるお笑いの漫才にも通ずるものを感じます。
フジタコメント

ロックマンⅩ3(スーパーファミコン)

買取価格
2,500円 → 3,000
コメント
僕が最もと言っても過言ではないほど、得意とする高難易度アクションゲーム、ロックマンシリーズ、スーファミ最後のXです。
PSやSS版と比べてムービーや音楽などシンプルな方が好きな方にはスーファミ版をおすすめします。

ファミコンと比べるとギミックもグラフィックも、アイテムや隠し要素も格段に上がっていて、ゼロも使えたり乱入ボスを倒すかどうかで展開が変わったり色々楽しめます。

X3に新しいスト2技は出ませんでしたが、Xシリーズでは僕が格闘ゲームで一番やったスト2の技を、ロックマンが出すのも楽しめました。

そしてXシリーズ安定の高難易度なので、ロックマンやアクションゲームが好きな方にはやりごたえがあり、楽しくプレイできると思います。

ロックマンⅩ3は今も根強い人気で、攻撃縛りやスピードランなどワールドワイドで競われています。サウンドも今までと違う雰囲気ですが安定の名曲揃いです。

ロックマンシリーズは、やり込み要素も強く遊び尽くすため生産本数の割に状態の良いものが少なく、箱付きや状態の良いもの非常に珍しいです。XシリーズはPSやSSでも移植されていますが、どちらとも人気があるため、買取価格が期待できるでしょう。
フジタコメント
ロックマンX3
悪魔城ドラキュラ

悪魔城ドラキュラ(スーパーファミコン)

買取価格
2,500円 → 3,000
コメント
ファミコンディスクシステムの第1作目から悪魔城ドラキュラを選択しました。今の若者が初めて聞いても素晴らしいと言う、絶品サウンドの数々が楽しめます。グラフィックも素晴らしく、きれいかつ安定の不気味かっこよさがあります。
初代では、多少動きの硬さはあるものの、やり込みとアイテムでドラキュラまで倒せるので、アクションが苦手な初級者から僕のような上級者まで楽しめました。

海外でも人気があるドラキュラシリーズにハズレはなく、決して裏切られることはないと言っても過言ではありません。

そして、スーパーファミコン版のドラキュラでは、スーファミから可能になった回転/拡大/縮小機能のおかげで、操作性が抜群に良くなりました。ドラキュラ作品の中でも特に思うように自由に動け、ムチも自由に振り回せ、シモンを自由に手足のごとく動かせるようになりました。

ムチを引っ掛けてのワイヤー使いなども楽しめましたが、特にムチの斜め撃ちや振り回しは、大魔界村での武器下投げのように、僕的には最も魅力を感じるポイントでした。

悪魔城伝説のようなキャラ選択や分岐もなく、初代のシンプルさをベースにしていますが、ステージ数は多く、大幅にパワーアップしたドラキュラを楽しめます。
フジタコメント

カトちゃんケンちゃん(PCエンジン)

買取価格
135円 → 250
コメント
当時大人気の加トちゃんケンちゃんごきげんテレビをモチーフにした、カトケンが主人公のアクションゲーム。
操作するキャラは2人から選べますが、選ばれなかった方が邪魔したりヒントを出したりするため、キャラ的にカトちゃんを選ぶ一択と思っています。

そしてPCエンジンの性能を活かして、2人の顔がリアルでそっくりなのも、当時子供ながら熱狂しました。 タレントものにしては良作で、マイケルジャクソンズムーンウォーカーのように、ゲームにタレントをなじませつつ、志村の三連太鼓や立ちション野ぐそなど、テレビネタバカネタを踏んだんに盛り込み、かつアーケード移植でもないのに、死ぬほど難しい高橋名人の冒険島風なハドソン節!

スーパーマリオやロックマンのように、なめらかな動きでの高難度ではなく、動きに癖が強いのも高難度につながっています。このゲームも子供の手では、何十時間もかかるので、電源入れっぱなしプレイが必要でしたね。

海外ではキャラ変えして発売されましたが、たけしの挑戦状とは違い移植は一切されていないので、オリジナルは貴重になりつつあります。

当時カトケンの番組でも紹介され、高橋名人がハドソンのではなく、 PCエンジンの高橋と自己紹介したのが特徴的でした。
フジタコメント
カトちゃんケンちゃん
テラクレスタ2

テラクレスタ2(PCエンジン)

買取価格
6,000円 → 7,000
コメント
前作テラクレスタは、アーケードでもファミコンでも大人気の、ニチブツを代表する名シューティングゲームですが、この2の存在を知っている人は少ないと思います。
2は1のシステムを引き継ぎ、合体から火の鳥、敵を撃破していく爽快感も健在で純粋な続編です。そしてステージの区切りにボスを配置する事により、ステージの概念が明確になりました。

そして1の音楽が聴けるステージも用意されており、文句なしの名作です。しかしひっそりと発売されたためか出回っている数も少なくこの2は非常に貴重なものとなっています。バイオハザード2製作者神谷英樹さんも、テラクレスタが大好きで所有しているそうです。

なお、フジタのYouTube動画でも、アーケードアーカイブスの作品はテラクレスタのBGMを許諾を得て使用しています!

初代アーケードのテラクレスタは、当時なにかとインストカードにおねーさんを無理矢理載せる「ニチブツ節」は勿論のように発揮されており、ニチブツ筐体でも紹介されています。

当時のPCエンジンのスーパースターフォースやガンヘッドなどのキャラバンシューティングに合わせてか、キャラバンモードもあります。3Dはサターンから出ていますが、1からの正当な続編はこの2が最後です。アーケードのテラクレスタは、何度か最新機に移植されていますが、2は一切移植されていないのが非常に残念です。ぜひ何かに移植してもらいたい作品です。
フジタコメント

PC原人(PCエンジン)

買取価格
1,200円 → 1,500
コメント
ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、様々なハードで原人シリーズは出ています。このPCエンジンを捩った初代原人こそPCエンジンの代表的アクションゲームといっても過言ではないでしょう。コロコロの漫画になるほど人気で、続編も高橋名人の冒険島並に立て続けに発売されました。
パッケージデザインも高橋名人が担当したが、今のスキンヘッドの名人はまさに、PC原人。

作品から想像するとおり、舞台は原始時代風です。主人公原人の頭突きの攻撃や、色々な頭突きを使い分けで進んでいきます。操作に癖はありますが、慣れると爽快になっていき、原人のコミカルな動きやキャラはかわいいと言っても過言ではないので今の子供も取っ付きやすいはずです。

ただ、今のゲームほど簡単でも親切でもなく、同じシリーズでもファミコンやPCエンジンとスーファミを比べると、スーファミの親切さは格段に上がっているので、忍耐力を鍛えるという意味では、初代原人をゆとり世代にぜひやらせてあげたいですね。

数あるPCエンジンの原人シリーズの中ではそれほどレアではない初代が、今回の買取額アップ対象!

この作品は当時触れていた方も多く、実家にあるなんて事も多いことだろうと思います。多分。
フジタコメント
PC原人
スーパーダライアスⅡ

スーパーダライアスⅡ(PCエンジン)

買取価格
2,200円 → 2,700
コメント
アーケードの3画面名シューティングの初移植作です。
その独特な3画面システムの影響で完全移植は元々不可能でありながら、追加ボスなども含めて再現とアレンジが非常に良くできている作品ですね。

ファイナルファイト移植のように、2人同時プレイを泣く泣く削っているあたり、画面のチラつきは多少ありますが相当なこだわりは感じられます。

ダライアスの移植に関しては、タイトーZUNTATA石川氏からお話を聞きましたが、セガマスターシステム版、メガドライブ版、 PCエンジン版、今見るとしょぼさを感じるかもしれませんが、どのバージョンも少ない容量の中で非常に頑張っている作品だと力説していました。

アーケード版は最新機種で3画面もほぼ完全移植されましたが、PCエンジン版はアーケード版とは別物として、今でも十分に楽しめます。

ダライアスでプレミアといえば非売品であったPCエンジンダライアスアルファですが、これは存在自体激レア過ぎて、いくら高額買取だとしてもそもそも持っている人がいないだろうと思います。そこそこ流通しているこのスーパーダライアスが買取アップキャンペーン品なので、お持ちの方はぜひ!

なお、今年発売されたダライアスコズミックコレクションでは、PCエンジンのCD以外、特装版ではアルファも収録されています。
フジタコメント

ドラゴンクエスト(MSX)

買取価格
360円 → 1,000
コメント
ファミコン版では誰もが触れたと思う、RPGゲームの傑作ドラクエ。スタート地点から竜王の城が見える演出、姫との宿泊での「ゆうべはおたのしみでしたね」、竜王との取り引きによる結末など、どれもが当時としては斬新で寝る間も惜しんでプレイしました。
ちなみに僕は、ドラクエ1、2は兄が発売日に並んで買い、3、4は小学生ながら僕が夜中から並んで買いました。僕の中で生涯の中で一番寝る時間を惜しんで熱くプレイしたゲームはドラクエ4です。

1、2はMSXでも出ていました。MSX版は、あぶないみずぎの描写や、そもそもMSXがファミコンと比べて高額だったため、少しお兄さんがやっているイメージでした。グラフィックや描写などはファミコンの方が良い感じだったので人気ではありましたが、MSX版は割と貴重な存在です。

1は話す方向も決めたり、階段に触れてからコマンドで実行したり、今見ると不便な点はありますが、後に発売されたスーファミ版の1・2と比べると、スーファミ版がいかに親切簡単になったかが明確になります。

なお、シナリオの堀井雄二先生と僕は、誕生日会にも行く仲、Twitterでフォローしてもらっていますが、フォローを返さない仲なので、友達と言っても過言ではないです。
フジタコメント
ドラゴンクエスト
リアルバウト餓狼伝説

リアルバウト餓狼伝説(ネオジオ)

買取価格
4,200円 → 4,800
コメント
僕がネオジオで一番思い入れのある、餓狼の5作目、餓狼のハードパッケージ2作目。
説明不要の格闘アクションゲームである餓狼シリーズ。端の障害物が破壊され落とされると残パワー関係なしに負けとなる「リングアウト」という逆転要素が非常に強い斬新なシステム。

このリングアウトにマリーがはだけるのも、女性キャラを必殺技で倒すとはだけるのと同様で無理にでも狙ったのが懐かしい!

同時弱中強の攻撃が格闘ゲームの主流の中、パンチ、キック、強攻撃と簡素化されました。これも斬新ですね。 初代からテリーを使っている者としては、この作品でライジングタックルが出るのは非常に嬉しいですね。

思い入れとしては、初代餓狼伝説が一番あるのですが、それだとあまりにベタなのでこの作品を買取アップキャンペーン作品にしました。リアルバウトのジャケットは、今もポスターとして復刻されていますが、この作品のジャケットは個人的相当好きです。

餓狼のハードパッケージのジャケットでは一番好きです。 そして「さらば、ギース」というキャッチコピーにも関わらず、その後もギース出とるやないかーい!
フジタコメント

ゲームボーイライト シルバー(ゲームボーイ)

買取価格
6,000円 → 7,000
コメント
バックライトを搭載していて、暗いところでも画面がきれいに見えるゲームボーイ。小学生の頃は布団の中でゲームボーイを夜な夜なコナミさんのライトボーイを装着してやりましたが、ゲームボーイライトはその合体のかさばりも必要なく暗いシーンでもできるようにした優れもの。
バックライトのオンオフで電池をもたせるのもありがたかったですが、ゲーム途中に切り替えると勢いで電源を切ってしまう事もありました。

その後のゲームボーイカラーやアドバンスにはバックライトはないので、貴重な存在でした。

何よりゲームボーイ系は、電池の持ちが抜群に良いのも魅力でした。 当時、初代のゲームボーイはかなり大きく、ライトボーイやワイドボーイをつけたゲームボーイは相当な重さでした。

僕は20歳を超えていたのでそれほど重宝はしませんでしたが、当時の小学生だったらもっと嬉しかったと思います。
ゲームボーイからゲームボーイポケットになった時の軽量さにはただ驚き、このゲームボーイライトはモノクロですが、きれいさに驚き、後々ゲームボーイカラーにも驚かされました。

以降もアドバンスSPやミクロ、任天堂さんの本体には毎回驚かさせますが、子供の頃の方がよりインパクトが強かったです。 大人になって思うのは、技術的にカラーが最先端のところを、初代のゲームボーイをモノクロで発売してあれほど大ヒットさせた横井軍平さんの英断にも驚きます。

ピカチュウなどの限定カラーはより貴重ですが今回はスタンダードカラーを買取アップキャンペーンに入れます。
フジタコメント
ゲームボーイライト(シルバー)
ゲームボーイアドバンスSPファミコンカラー

ゲームボーイアドバンスSPファミコンカラー(ゲームボーイ)

買取価格
4,000円 → 4,500
コメント
まずゲームボーイアドバンスSPが発売された時に、ゲームボーイから通ずるデザインの良さ色合いのきれいさに惹かれました。
当時は折りたたみ式が携帯も含めて大人気でかっこよくもありました。ゲームボーイ時代から折りたたみやダブルスクリーンを採用している任天堂さんの先見の明はすごいですね。

ファミコンカラーはこのSP本体の色合いが初代のファミコン風になったものです。

SPが出た当初、僕はスタンダードな本体カラーでファミコンミニのゼルダなどを当時久しぶりにやっていましたが、このファミコンカラーが発売され、パッケージもマリオで惹かれて、ファミコンミニシリーズに超マッチしていてジャケ買いしました。

実際、ファミコン風のカラーですが、光沢や仕様に高級感もあります。 このSPも、僕がYouTube動画でも使用したピカチュウバージョン他、色々な限定カラーが発売されています。どれも色合いがきれいでコンプリートしたくなります。

SPの限定カラーの中では割と見るこのファミコンカラーを今回、買取アップキャンペーンに入れましたので、ぜひお送り下さい。

なお、SPの限定カラーは、ゲームボーイライトと比べて半端なく種類が出てますが、どれもレトログさんなら、高価買取しています。
フジタコメント

トライジール(ドリームキャスト)

買取価格
3,000円 → 3,500
コメント
シンプルなシューティングゲームではあるものの、敵弾が早い、かつ初見殺しも多く、アドリブ力が要され中々の難易度ですが、自機がやられた時納得できるので、やり込みたくなります。
「今の当たってないよ!」とか思う当たり判定だったり、理不尽過ぎるとやり込む前にやる気が削がれます。

シューティングラブのサブ作品や、Tシャツ配布など、発売元トライアングルサービスからのシューティングゲームに込める愛を感じます。シューターにとってはぜひ触れておきたい作品です。

元のアーケード版に触れた事すらない方も多いので隠れた名作シューティングゲーム。このドリキャス版はドリキャス自体が後期はギャルゲーに寄せていた上に、ドリキャス本体の生産が終了してからの、まさかのシューティングゲームのトライジール販売。

僕はドリキャスにはサターンほど熱狂しませんでしたが、通常版や湯川専務パッケージ版などは一応買っていました。

ドリキャス版トライジールは、発売元社長がピンチであるとの呼びかけも含めたプロモーションにより、同情票によってアーケード版よりも普及し、何とか黒字に至った作品でもあります。

以降、経営を立て直したみたいでPS2にも移植されています。こちらも含めて、お持ちの方はぜひお送り下さい。
フジタコメント
トライジール
メガCD

メガCD

買取価格
10,000円 → 11,000
コメント
メガドライブと合体させてメガCD専用ゲームを使用できるという、当時のスーファミの上をいく最先端のゲーム機でした。
最先端で性能の良さは十分なのに本体が高額な事もあり、あまり普及しませんでした。発売された作品数も少ないのが非常に残念でもったいなく思います。

ムービーなどをふんだんに使用できるゲームも多くとても魅力的でした。

メガCDといえば、当時は衝撃を受けて今でも時折当時を思い返してやりたくなるシルフィードかなぁ…。 惑星ウッドストックだけは、ご自由にお取り下さいに配置されるほどのワゴンセールになっていたのが印象深いです。

かなり大きいメガドラ1とメガCD1を合体させ、純正のファミコンよりごついACアダプタ、これを2つ装着する姿は圧巻でした。 PCエンジンも初代からCDROMなどを合体すれば同じように圧巻ではあるのですが、メガドラ系は、メガアダプタとか特に色々あり今も合体愛好家の方々がいます。

後にコンパクトなメガドラ2、メガCD2も出て、さらに一体型のワンダーメガなども出ました。

レトログさんの買取検証で僕も送らせてもらましたが、レトロゲームのCD系本体は経年劣化でCDを読み込まないなど壊れている事も多いのが悩みです。ただ、レトログさんではそのような本体も買取りしています。
フジタコメント

ハイサターン 前期型/MMP-1

買取価格
8,500円 → 9,500
コメント
当時の次世代、PS、SSまでは発売日直後に買いました。サターンもPSに対してしばらく優位だったのが今となっては夢のようです。
SEGAさんの本体も生き残っていれば、より良いゲームがもっと出ていたと思います。
当時のサターンの魅力は高性能なことは勿論ですが、なんといってもバーチャや最先端のバーチャル系ゲームができた事と言っても過言ではありません。

このハイサターンは日立製のサターンで、当時でもあまり触れる事のなかったフォトCDやビデオCDなども読み込め、通常のサターンより若干定価が高いものでした。

通常のサターンですと、フォトCDオペレーターソフトが必要です。当時うちにはエロ系フォトCDやビデオCDもあり、サターンや3DOで多少見た記憶がありますが、当時としてはそこまで重要度はありませんでした。今となっては仕様がどうとかでなく、コレクター心理として全て集めたいだけの一本なので、ハイサターン特有のOPもそれだけで別格感がありました。

家で眠っている方はぜひお送り下さい。ハイサターンには当時とても高額であったカーナビにも対応しているハイサターンもあるので、そちらも送ってみてはどうでしょうか。勿論、動作しない物もOKです。
フジタコメント
ハイサターン(前期型/MMP-1)
ボンバーマンコレクション(ゲームボーイ)

ボンバーマンコレクション(ゲームボーイ)

買取価格
500円 → 600
コメント
ボンバーマンは、どのバージョンも好きで、特にPCエンジン版初代を5人で対戦した時は感動ものでした。
このゲームボーイ版は、缶のパッケージも印象的です。何作か缶のパッケージも出ましたが、こちらは初缶パッケージで、ゲームボーイのボンバーボーイ、ボンバーマンGP1、2が収録されており、一個で複数作品が楽しめる作品でした。

ボンバーボーイは、初代ゲームボーイをやりまくっていた僕も特に懐かしめる作品でした。 その後アイテムがどんどん複雑化し、爆弾を蹴ったりパンチしたりそれを好きなところで止めたり、果ては爆破コントローラも対戦で出るようになってますね。僕は理屈よりも直感でプレイするタイプで当時は死ぬほど上手いとは言われていたものの、ボンバーマンも直感でやっていた感が強く、後期作品になればなるほど、アイテムの特徴を理解せずやっていました。

ボンバーマンも、後期作品は元々強くやりやすい設定なので、初代ファミコン版の爆弾 1火力1のバージョンからやっていただく事をお勧めします。

この頃のゲーム缶や、ボンバーマンは相当出回っていたので、特別貴重というわけではありませんが、僕のボンバーマンに対する思い入れという事で、買取アップキャンペーン作品に。
フジタコメント

PCエンジンGT

買取価格
20,000円 → 24,000
コメント
当時、Huカードをストリートでやるのは男の夢でした。
このGTは世界初の試みでもあり、家庭用ゲーム機のゲームをストリートでやる、それを叶えてくれる夢のようなマシーン!NintendoSwitchの先駆けといっても過言ではないゲーム機です。
GTだと邪聖剣ネクロマンサーなどの長くて細かいパスワードなどは判別不可能であるなどの欠点を抱えつつも、パックスパワーグローブのようにWiiを先駆けしすぎたものとは違い、GTは当時としては十分実用的なゲーム機でした。

定価44,800円と普通はなかなか買ってもらえない価格でしたが、うちはそれなりに裕福だったので買ってもらえました。NEC系のハードは、時代の最先端をいっている感じ、かつデザインも魅力的でした。

単三6本かアダプター電源なのですが、ストリートでやるには、電池6本で1時間ほどしかできず、テレビチューナー等々を付けると1キロ位の重さ、さらに小学生がストリートでやっていると、高校生に狩られるという危険もあり、ストリートには持ち出さないようにしました。

ちなみにこの電池の話はお笑いライブで話しても必ずうけます(笑)
今の若い子はつくづく良い時代を生きているなぁと実感します。

このGTは、経年劣化により、スピーカーの劣化により音が出なくなる事が多いですが、難ありの状態でも買取自体はやっていますので、ぜひお送り下さい。
フジタコメント
PCエンジンGT

キャンペーン詳細

対象期間
2019年5月31(金)まで
対象の方
キャンペーン期間内に梱包キットまたは集荷依頼フォームよりお申込みいただき、6/14(金)までに買取が決定した方
特典付与について
キャンペーン期間内は対象アイテムを通常価格より高く買い取ります
ご注意
※重度な破損がある商品や動作確認ができない商品は対象外
※ポイント付与サイトを含む、他キャンペーンとの併用は可能です。
※お品物の売却目的でない等、弊社が不正と判断したお申し込みについては、対象外とさせていただきます。
※弊社より特典入金を行う際、お客様のお口座に入金が受け付けられない状況にあった場合は、特典付与の対象外とさせていただきます。
※本キャンペーンは予告なく変更・中止する場合がございます。

キャンペーン詳細

ゲーム芸人フジタによるコラボキャンペーン解説動画!( YouTube)レトロゲームへの熱い熱いコメントを確認してみてください!(動画約20分)

宅配買取の流れ

レトログなら簡単4STEPで買取完了

STEP1
お申込み

STEP2
梱包・発送

STEP3
査定

STEP4
結果ご連絡

お申込み お申込み

お申込み

WEBまたはお電話からお申込みください。
ご自宅に箱や梱包資材が無い方は宅配キットを無料でお届けいたします。
ご自身で箱をご用意いただける方はご自宅への集荷依頼が可能です。
(お申込み日時に佐川急便がお荷物を受取に伺います。)

梱包・発送 梱包・発送

梱包・発送

売りたいお品物を段ボール箱に詰めて、必要書類を同封の上梱包をお願いいたします。
梱包後、マイページより集荷のご依頼をお願いいたします。
お申込み日時に宅配業者がお荷物を取りに伺います。

必要書類
運転免許証/健康保険証/パスポート/学生証(顔写真付)いずれかのコピー
※現住所が記載されているものに限る
※運転免許証・健康保険証は両面が必要

査定 査定

査定

お品物が弊店に到着次第、専門の査定スタッフが1点ずつ査定いたします。

結果ご連絡 結果ご連絡

結果ご連絡

査定完了後、マイページにて結果をご連絡いたします。
査定結果に承諾いただけましたら、最短で即日お振込をさせていただきます。
万が一査定金額にご納得いただけなかった場合、返送料お客様負担でご返送も可能です。

お申込みフォーム

【ゴールデンウィークの営業について】

休業:4月27日~29日、5月3日~6日     ・・・

休業:4月27日~29日、5月3日~6日     
期間中も《梱包キットお申込み》《集荷お申込み》はご利用いただけますが、「査定」「査定結果の連絡」「振込」「問い合わせ対応」等は休止させていただきますので何卒ご了承ください。
※混雑状況等により遅れが生じる可能性がございます。

  • 集荷お申込み
  • 無料宅配キット
通販や飲料水の箱など何でもOK
初めての方限定の500円アップキャンペーン中! 初めての方限定の500円アップキャンペーン中!

集荷お申込み

ご自身で梱包資材をご用意される方は、無料にてご自宅まで集荷依頼(佐川急便)いただけます。

査定額500円アップ詳細

特典適応条件

初めてレトログをご利用する方で、期間中に対象商品(本体、ソフト、コントローラー)を合わせて10点以上お送りいただいた方

ご注意
以下の場合は特典の対象となりませんのでご注意ください。
・過去にレトログの梱包キット又は集荷依頼のお申し込みをされたことがある方
・重度な破損がある商品
・沖縄・離島のお客様(集荷サービスをご利用いただけないため)
レトログから宅配キットをお届け

無料宅配キット

こちらからダンボールの申し込みができます。
キットの送料は弊社が負担!しかも査定も無料!

ご希望の箱数をお選びください

小 30cm x 36cm x 26cm

大 40cm x 50cm x 30cm

ご希望の配達日をお選びください
ご希望の配達時間をお選びください