10年以上も昔に買ったゲームが買った当時よりも高く売れる!?

ファミコン、スーファミ、ゲームボーイ、ニンテンドー64など、子どもの頃に遊んでいたレトロゲーム。処分するのが面倒で、ずっと押入れの中に眠らせたままにしていませんか?

そんな方に朗報!

実は近年、日本製のレトロゲームの市場価値が上昇しており、10年前以上の古いゲームが想像以上の価格で売れたり、買ったときよりも高くなっているケースも珍しくないそうです。 (例えば、ファミコンの「ロックマン2」は5,500円、スーファミの「悪魔城ドラキュラXX」は7,500円で買取)

この情報を知って、試しに押入れに眠っていたレトロゲームを買取査定に出す人が続出!

そこで今回はレトロゲームの売り方をご紹介していきます。もし今後、押入れの中に眠っているゲームで遊ぶことがないのなら、この際に全部売ってスッキリさせちゃいましょう!

「ネット買取」と「ショップ買取」と「フリマアプリ」どれで売るべき?

レトロゲームを売る方法には大きく分けて「ネット買取」と「ショップ買取」と「フリマアプリ」の3つ。

ネット買取は、売りたいゲームをダンボールに詰めて発送し、買取してもらう方法です。 現金が振り込まれるまで多少時間はかかりますが、とにかく簡単に売れるのでラクして売りたい人にはおすすめ! レトログという買取サイトに行くと、レトロゲームの買取相場を知る事ができるので参考にしてみてください。

ショップ買取は、近所のゲームショップに売りたいゲームを持っていって買取してもらう方法です。 すぐ現金化できることが魅力ですが、SwitchやPS4などの最新ゲームをメインで取り扱っているお店が多く、レトロゲームの買取は断られることも・・・

フリマアプリは、一番高く売れる可能性がありますが、出品や発送作業に加え、トラブル対応なども行う必要があるので大変です。 手間を惜しんででも最高値で売りたい人には向いていますが、できるだけ手間をかけずに押入れに眠っているレトロゲームをすべて処分したいなら、ネット買取を利用するのが一番いいと思います。

レトロゲームのネット買取を選ぶ5つのポイント

ネット買取の業者のなかには「ショップ買取」同様、最新ゲームの買取にしか行っていないところもあります。

こういったお店にレトロゲームを売りに出してしまうと、買取価格0円にされてしまう危険があるので、必ずレトロゲームに力を入れているお店を選ぶようにしましょう。

レトロゲームに力を入れているネット買取かどうかは、以下5つのポイントを見ながら探しましょう。

買取手続きは簡単か?
買取品目にレトロゲームが含まれているか?
高価買取リストにレトロゲームも掲載されているか?
箱や説明書なしのゲームでも買取してくれるか?
査定結果が1点ごとに確認できるか?

これら5つのポイントを踏まえて、おすすめなのがレトログのネット買取です!

keyboard_arrow_rightレトログはこちら

レトログはレトロゲームを専門とした買取業者で、ファミコンやスーファミの買取価格に関しては他の買取業者よりも高く、フリマアプリを使うよりも簡単に売ることができるからです。

ただし最新ゲームの買取価格は安いので、レトロゲームのみをまとめて売りたい方のみ利用すると良いでしょう。