捨てるなんてもったいない!古いゲームほど高く売れるって知ってました?

捨てるなんてもったいない!古いゲームほど高く売れるって知ってました?

2017年10月5日に任天堂から「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が発売され、続いて2018年6月28日に「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」が再販開始さたことは記憶に新しいかと思います。

そして2018年12月3日にはソニーより「プレイステーション クラシック」、2019年にはメガドライブ ミニ(仮称)がリリース予定など、今ゲーム市場全体がレトロゲームで盛り上がっています

「昔遊んだファミコンやスーパーファミコン、セガサターンが押入れで眠っているかも」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?そのレトロゲーム、実は高く売れるってご存知でしたか?

今回の記事ではレトロゲーム買取レトログが公表している高価買取リストからレトロゲーム本体をいくつかご紹介いたします!皆さんがお持ちのレトロゲームがいくらで売れるかチェックしてみてください。

昔遊んだレトロゲームはいくらで売れるの?

実際にレトロゲーム買取レトログが公表している高価買取リストの中からいくつかピックアップしてみたいと思います。

ファミコン


多くの方がファミコンからゲーマーになったのではないでしょうか?筆者も一番最初に触ったハードはファミコンでした。レトロゲームといえばファミコン、ですよね?ドンキーコング、マッピー、スペランカー等、代表作を挙げればキリがないほど。レトロゲーム買取レトログのファミコンの買取価格は 1,200円 です!

スーパーファミコン


こちらも有名なレトロゲームの一つです。 全世界で約5,000万台出荷された大ヒットハードです。スーパーマリオカート、ドンキーコング2、ツインビー等、こちらも数多くの名作があります。レトロゲーム買取レトログのスーパーファミコンの買取価格は 1,000円 です!

  • セガサターン

セガサターンは初代プレイステーションと同タイミングで発売開始したこともあり、セガサターン派とプレイステーション派に別れていたことが懐かしいかと思います。ちなみに筆者はセガサターン派でした。レトロゲーム買取レトログのセガサターンの買取価格は 800円 です!

ネオジオ


皆さんのご自宅にはネオジオがありましたでしょうか?筆者は当時、お金がなく購入できなかったので、友人宅に集まりネオジオを楽しんでおりました。KOFシリーズ、よく遊びました。筆者は格闘ゲームが得意ではなかったのでいつも負けていましたが…。レトロゲーム買取レトログのネオジオの買取価格は 20,000円 です!

PCエンジン


筆者の偏見ですが、当時PCエンジンを持っている人はなぜかお金に余裕のある人が多い印象です。シューティングゲームの代表作「R-TYPE」やインパクトが強い「超兄貴」、PCエンジンで1番の代表作の「PC原人」など、数多くの代表作があります。レトロゲーム買取レトログのPCエンジンの買取価格は 5,000円 です!

※上記買取価格は2018年11月19日現在のものです。全て完品美品での買取価格となります。尚、市場状況や在庫状況によって価格が変動する可能性がございます。

 

 

何故そんなに高く売れるの?

さて、皆さんが昔遊んだハード類が今でも高く売ることが出来ることは充分にご理解いただけたかと思います。レトロゲームは、他のゲーム取扱店では買取対象外となっていることも多いです。何故レトロゲーム買取レトログではレトロゲームをこんなにも高く買い取れるのでしょうか?

それは「国内外に販路を持っている」からです。特に海外では、日本で販売するよりも付加価値が付くゲームが多いため、高価買取を実現することが出来ます。

 

本体に名前も書いてある…売れるの?

家にあるレトロゲームが高く売れることはわかった。でも、家にあるのは箱や説明書が無かったり、なんなら自分の名前まで書いてある。そんな状態でもレトログで買い取って貰えるの?

箱や説明書がない場合や名前が書いてある場合だと、レトログでは「完品ではない」や「使用感がある」ということで減額にはなる場合もあります。でも、査定をお断りすることはございません。

以前、ファミコンのカセットに文字が書かれているゲームを購入した海外のお客様より「日本語はクールだぜ」とメッセージをいただいたこともありました。これも付加価値の一つかもしれませんね。

 

まとめ

レトロゲーム買取レトログではレトロゲームを高価買取していることをご紹介いたしました。きっと皆さんのご自宅にもレトロゲームが眠っているかと思います。

ハードだけじゃなくソフトはどうなの?という方は、是非レトログの公開買取リストをチェックしてみてください!

今すぐ査定お申込み

他にもよく読まれている記事